エックスサーバー(XSERVER)で運営しているWordPress(ワードプレス)ブログのバックアップを取る方法

ブログ運営
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

当ブログはエックスサーバー(XSERVER)を利用して、WordPress(ワードプレス)で運営しています。

今回は、エックスサーバー(XSERVER)でバックアップをとる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

エックスサーバー(XSERVER) のバックアップ方法は2種類

エックスサーバー(XSERVER)のバックアップ方法には下記の2種類があります。

  • 自動バックアップ
  • 手動バックアップ

エックスサーバー(XSERVER)の自動バックアップ

エックスサーバー(XSERVER)では、特に設定することなく自動でバックアップをとってくれます。しかも無料です。

サーバー上のデータは、1日1回、バックアップ専用サーバーに自動でコピーしており、全サーバープランとも下記のデータを保持しています。

  • サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」
  • MySQLデータベース「過去14日分」

▼サーバー領域のWeb・メールデータ

サーバー領域のWeb・メールデータ

▼MySQLデータベース

MySQLデータベース

ありがたい。

と思ったのですが。。。

バックアップデータの提供を受けるのにお金がかかる

何らかの原因によりデータを消失してしまった場合でも、エックスサーバー(XSERVER)の自動バックアップにより復元することが可能なのですが、自動バックアップのデータの提供を受けるのに手数料が発生します。

  • サーバー領域データ … ご指定の日のWeb・メールデータ(税抜:10,000円)
  • MySQLデータベース … ご指定の日の特定のデータベース1つ(税抜:5,000円)

世知辛い世の中です。

というわけで、エックスサーバー(XSERVER) を利用する場合は、定期的(1ヶ月に1回程度)に手動でバックアップをとることをオススメします。

エックスサーバー(XSERVER)の手動バックアップ

エックスサーバー(XSERVER)の手動バックアップの方法はとても簡単です。

エックスサーバー(XSERVER)のサーバーパネルにログインします。

エックスサーバー(XSERVER)の手動バックアップ

アカウント→「バックアップ」をクリックします。

エックスサーバー(XSERVER)の手動バックアップ2

バックアップしたいディレクトリーの「ダウンロード」をクリックします。

エックスサーバー(XSERVER)の手動バックアップ3

tar.gz形式でバックアップファイルが生成されます。

エックスサーバー(XSERVER)の手動バックアップ4

MySQLバックアップ

続いて、MySQLのデータをバックアップします。 MySQLはデータベース管理システムのことです。

データベース→「MySQLバックアップ」をクリックします。

MySQLバックアップ

データが大きい場合があるので、圧縮形式で「gz形式」を選択して、「エクスポート実行」をクリックします。

MySQLバックアップ2

tar.gz形式でMySQLのバックアップファイルが生成されます。

MySQLバックアップ3

コメント