【2020年版】退職代行サービスおすすめ比較ランキング【最安値から失敗しない選び方まで!】

退職代行
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

昨今話題の退職代行サービス。

退職代行サービスの利用は、かなり一般に浸透してきており、現在退職代行サービス業者の数は50社は超えているのではないでしょうか。

そんな中で、「今すぐ利用したいけど、どの退職代行サービスが良いのかわからない」という方も多いと思います。

今回は、最安値で退職代行サービスをまとめてみました。ぜひ比較検討の参考にしてみて下さい。

この記事で解決できる疑問・悩み

  • 退職代行業者が多すぎてどこがいいのかわからない
  • 退職代行会社で本当に退職できるの?
  • 本当におすすめの退職代行会社はどこ?
  • 一番安い退職代行会社はどこ?
  • 主要な退職代行会社40社を徹底比較!オススメをご紹介します

当ブログのおすすめ退職代行サービスはこちらです。

退職代行ニコイチ

【退職代行実績14年!!】
業界最安値の27,000円。退職成功率100%で4500人以上の退職成功。

退職代行Jobs(ジョブズ)

【セラピストの顧問弁護士が監修】
期間限定キャンペーン中「49,800円→29,800円」で返金保証付き!!

SARABA

【労働組合が運営する退職代行サービス】
業界最安値の27,000円で円満退社できる!!24時間365日いつでも相談可能!!

スポンサーリンク

退職代行サービスとは

退縮代行とは、

今すぐ会社を辞めたい

会社を辞めたいが辞めさせてくれない

上司や会社の人と顔をあわせずに辞めたい

という人のために、本人に代わって会社に退職の意思を伝え、スムーズに退職できるように仲介するサービスのことです。

トラブルを回避するための退職代行サービス基礎知識

退職代行会社には大きくわけて4つタイプがあります。

  • 退職代行専門会社が行うもの
  • 労働組合が行うもの
  • 弁護士が行うもの
  • 電話代行会社が行うもの

それぞれ以下の特徴があります。

対応項目電話代行会社退職代行専門会社労働組合弁護士事務所
料金普通~やや高い安い~普通普通高い
即日対応××
退職代行
会社とのやり取り
離職票送付の交渉
有給消化の交渉
退職後の給料未払いの交渉××
内容証明の送付×××
損賠賠償請求の対応××
裁判対応×××

退職代行は非弁行為にあたる可能性がある

退職代行を依頼する場合に「非弁行為」という言葉は絶対に覚えておきましょう。

非弁行為とは、弁護士以外が、報酬を受け取って弁護士業務を行うことです。もちろん違法です。

退職代行会社が、会社に退職の意思を伝えるだけであれば、基本的に問題ないとされています。しかし、退職の意思を伝えられた会社側と様々な交渉をすることはこの非弁行為に抵触する可能性があり通常の退職代行会社では対応することができません。

「退職代行」は1年ほど前から話題となり、メディア・マスコミにも取り上げられ一般的になりました。これにともない当事者である会社側も様々な対策を立てるようになってきました。

知識のある会社であれば、非弁行為をたてに退職代行会社の依頼に応じない、顧問弁護士などに交渉させるなどの対応が可能です。このような法的交渉をされると通常の退職代行会社では対応することはできません。

非弁行為については、退職代行サービス会社も状況をよく把握しており(逆にここを暗に隠している業者は利用すべきではありません)、顧問弁護士監修の指導のもと適切適法に業務を行っていますといのがうたい文句の一つとなっています。

しかし、退職代行を実施するのは弁護士ではなく、あくまで実施者なので、会社との法的交渉ができなことには変わりありません。

労働組合が行う退職代行サービスであればある程度の交渉が可能

近年増えてきたのがこちらのタイプです。労働組合であれば会社側との団体交渉権があり、もし、会社側が労働組合と交渉しなければ不当労働行為にあたるからです。

労働組合ができること
  • 退職日の調整
  • 未払い給料や残業代などの金銭の請求
  • 退職したら損害賠償だと言われた場合の対応

労働組合の退職代行サービスであれば、退職代行専門会社ではできない会社との交渉も可能ですが対応できないこともあります。

それは、裁判の対応です。さすがに裁判の対応は弁護士にしかできません。

裁判沙汰になりそうなら弁護士の退職代行に頼むしかない

会社を退職する際に退職代行サービスを利用した場合、裁判沙汰になる事はほぼありません。

なぜなら社員一人が退職したからと言って裁判をしても会社側に何のメリットもないからです。

  • 裁判にかかる費用
  • 裁判にかかる時間
  • 会社の評判

裁判を行うには費用と時間がかかります。弁護士に依頼する費用や損害賠償請求なのであれば裁判所に預ける供託金が必要となります。

何より大変なのが時間です。残念ながら日本の裁判は時間がかかります。数年にわたることもありえます。

また、会社の評判にも影響します。社員一人辞めるのに裁判を起こした会社に誰が入社するでしょうか?評判はネットやSNSですぐに拡散される時代です。取引先にも知られることになった事業にも悪い影響を及ぼすでしょう。

経営者である私であれば絶対にやらないと断言できるのですが、世の中にはヤバい経営者や会社が本当に存在します。

100%無いとは言いきれません。

会社と一切揉めずに後腐れなく退職したい、裁判になりそうなぐらいヤバい経営者や会社で働いているのであれば多少費用が高くても弁護士事務所に頼むべきです。

退職代行サービスを選ぶ時のポイント・注意点

  • 会社によってタイプを使い分ける
  • 料金よりも実績や評判で選ぶ
  • 期間限定キャンペーンをチェック
  • 正社員とパート・アルバイトで金額が違う場合がある
  • 追加料金がかかる場合がある

会社によってタイプを使い分ける

弁護士事務所の退職代行サービスは確実ですが、費用が高いのと迅速な対応が難しいというデメリットがあります。

通常の会社であれば、退職代行専門会社や労働組合が行っている退職代行サービスでまったく問題ないはずです。

そもそも会社員の退職の自由は法律で守られているので普通の会社であれば、退職代行サービスを使った時点で解決します。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法627条1項

なので、本来であればどの退職代行サービスを使っても問題ないはずですが、自分の所属する会社や経営者のヤバさによって使い分ける必要があります。

料金よりも実績や評判で選ぶ

料金が安い退職代行サービスが必ずしもいい退職代行サービスであるとは限りません。

退職代行会社の中にはいいかげんな対応をされて、後日会社から損害賠償請求されるといったケースも。。。

退職代行サービスは選ぶ時は、料金よりも実績と評判で選ぶようにしましょう。

期間限定キャンペーンをチェック

退職代行サービス各社は、定期的に期間限定キャンペーンを行っているため、最安値のランキングは変動します。

期間限定キャンペーンのチェックを忘れずに行いましょう。

正社員とパート・アルバイトで金額が違う場合がある

退職代行サービスによっては、正社員よりもパート・アルバイトの方が退職代行料金が安くなる場合があります。

一律料金別料金合計
25社12社37社

※「BPH退職代行」はパート・アルバイト専門なので除外

これは、雇用形態が違うためパート・アルバイトの方が退職しやすいからだと考えられます。

追加料金がかかる場合がある

退職代行サービスによっては、オプション料金などが別途発生する場合があります。

たとえば、退職代行サービス「RETIRE(リタイア)」では、利用料金の他に下記の料金が、場合によっては別途発生します。

項目料金
連絡作業料金10,000円(税抜)
※キャンペーン割引実施中のため現在は無料。
特急対応料金10,000円(税抜)
深夜連絡対応料金20,000円(税抜)
文書連絡料金文書連絡発送1通につき5,000円(税抜)
記録文書作成料30,000円(税抜)

必ず各退職代行サービスの料金を確認するようにしましょう。

退職代行利用の流れ

①公式サイトより相談

②入金

③退職代行担当者が会社へ退職の連絡

④退職届提出(郵送でOK)

⑤退職完了

退職代行会社を利用する手順は、若干の違いがあるものの上記のような流れになっています。

相談については、メール、LINE、電話などから行います。

相談時に日程や料金などを確認して、料金を支払ったら退職代行会社が会社への連絡を行います。

原則、本人が会社に行くことはなく、社長や上司と顔をあわせることはありません。退職届の提出も郵送で問題ありません。会社で支給された備品なども郵送などで会社に返却します。

正社員の退職代行最安値

退職代行サービスがここまで一般的になったのは、「退職代行EXIT」が退職代行サービスをはじめて、メディアなどで取り上げられ話題になったからです。

その「退職代行EXIT」が50,000円で退職代行サービスを行っていた影響で、少し前までは、退職代行サービスの利用料金の平均は50,000円とされていました。

しかし、現在では低価格やキャンペーンをうたう会社が増えたおかげで価格破壊がおこり、調べた限りでは正社員の退職代行料金の平均は35,000円程度まで下がっています。

料金で退職代行サービスを決める場合は、この35,000円が基準になると思います。

サービス名実施者 利用料金(税込)備考
退職代行QUICK QUIT(クイック クイット)事業者9000円
「ヤメル」ノミカタ事業者15,000円キャンペーン価格
キャリアサンライズ事業者15,000円
退職代行.com事業者19,800円キャンペーン価格
弁護士法人ITJ法律事務所弁護士19,900円
退職代行J-NEXT事業者20,000円
退職代行プラスサービス事業者21,780円
カワルプラス(kawaru+)事業者21,780円
退職のススメ事業者25,000円
SARABA労働組合27,000円
ニコイチ事業者27,000円
退職代行のミカタ事業者27,500円
退職代行Jobs事業者29,800円
男の退職代行労働組合29,800円
わたしNEXT労働組合29,800円
退職ボタン事業者29,800円
退職代行サービス 辞め恥事業者29,800円 キャンペーン価格
退職代行アルマジロ事業者29,800円
退職代行サービスEspoir(エスポワール)事業者29,800円
弁護士法人川越みずほ法律会計弁護士29,800円
辞めるんです事業者30,000円 キャンペーン価格
退職代行ギブアップ事業者30,000円
アンジュ行政書士法務事務所事業者30,000円
退職代行センター事業者30,000円
退職専門電話代行事業者30,000円
退職代行のオフィス・エイジア事業者30,000円
退職代行コンシェルジュ事業者33,000円 キャンペーン価格
フォーゲル綜合法律事務所弁護士33,000円
ChangeLife(チェンジライフ)事業者35,000円
RETIRE(リタイア)事業者44,000円 キャンペーン価格
勝浦総合法律事務所弁護士44,000円
退職代行EXIT事業者50,000円
弁護士法人やなぎだ弁護士50,000円
安全退職ドットコム弁護士54,000円
ウラノス法律事務所弁護士54,000円
弁護士法人みやび弁護士55,000円
STO法律事務所弁護士55,000円
スピード退職.com弁護士65,000円
弁護士による退職代行サービス弁護士71,500円

パート・アルバイトの退職代行最安値

パート・アルバイトの退職代行料金は、正社員とは雇用形態が違うため、料金はさらに安くなります。

こちらも調べた限りではパート・アルバイトの退職代行料金の平均は30,000円程度です。

料金で退職代行サービスを決める場合は、この30,000円が基準になると思います。

サービス名実施者利用料金(税込)備考
退職代行QUICK QUIT(クイック クイット)事業者9000円
カワルプラス(kawaru+)事業者10,780円
「ヤメル」ノミカタ事業者15,000円キャンペーン価格
キャリアサンライズ事業者15,000円
退職代行プラスサービス事業者16,280円
退職代行.com事業者19,800円キャンペーン価格
男の退職代行労働組合19,800円
わたしNEXT労働組合19,800円
BPH退職代行事業者19,800円
弁護士法人ITJ法律事務所弁護士19,900円
退職代行J-NEXT事業者20,000円
アンジュ行政書士法務事務所事業者20,000円
退職代行のオフィス・エイジア事業者20,000円
弁護士法人川越みずほ法律会計弁護士21,800円
RETIRE(リタイア)事業者22,000円キャンペーン価格
退職のススメ事業者25,000円
退職代行アルマジロ事業者25,000円
SARABA労働組合27,000円
ニコイチ事業者27,000円
退職代行のミカタ事業者27,000円
退職代行Jobs事業者29,800円
退職ボタン事業者29,800円
退職代行サービス 辞め恥事業者29,800円キャンペーン価格
退職代行サービスEspoir(エスポワール)事業者29,800円
辞めるんです事業者30,000円キャンペーン価格
退職代行ギブアップ事業者30,000円
退職代行センター事業者30,000円
退職専門電話代行事業者30,000円
退職代行EXIT事業者30,000円
退職代行コンシェルジュ事業者33,000円キャンペーン価格
フォーゲル綜合法律事務所弁護士33,000円
ChangeLife(チェンジライフ)事業者35,000円
ウラノス法律事務所弁護士43,200円
勝浦総合法律事務所弁護士44,000円
弁護士法人やなぎだ弁護士50,000円
安全退職ドットコム弁護士54,000円
弁護士法人みやび弁護士55,000円
STO法律事務所弁護士55,000円
スピード退職.com弁護士55,000円
弁護士による退職代行サービス弁護士71,500円

おすすめの退職代行サービス

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ
利用料金(税込)一律27,000円
返金保証あり
対応日時7時〜23時30分 / 年中無休(LINE)
連絡方法電話/メール/LINE
退職代行ニコイチにアクセス

退職代行Jobs(ジョブズ)

退職代行Jobs(ジョブズ)
利用料金(税込)一律29,800円(キャンペーン価格 通常:49,800円)
返金保証あり
対応日時24時間/365日
連絡方法電話/メール/LINE
退職代行(ジョブズ)へアクセス

退職代行SARABA(サラバ)

利用料金(税込)一律27,000円
返金保証あり
対応日時24時間/365日
連絡方法電話/メール/LINE
退職代行SARABAへアクセス

辞めるんです

辞めるんです
利用料金(税込)一律30,000円(キャンペーン価格 通常:50,000円)
返金保証あり
対応日時24時間/365日
連絡方法電話/メール/LINE

男の退職代行

男の退職代行
利用料金(税込)正社員・契約社員・派遣社員29,800円 アルバイト・パート19,800円
返金保証あり
対応日時24時間/365日
連絡方法電話/メール/LINE

わたしNEXT

わたしNEXT
利用料金(税込) 正社員・契約社員・派遣社員29,800円 アルバイト・パート19,800円
返金保証あり
対応日時24時間/365日
連絡方法電話/メール/LINE

退職代行アルマジロ

退職代行アルマジロ
利用料金(税込)正社員・契約社員・派遣社員29,800円 アルバイト・パート25,000円
返金保証あり
対応日時24時間/365日
連絡方法電話/メール/LINE

退職代行ギブアップ

退職代行ギブアップ
利用料金(税込)一律30,000円
返金保証あり
対応日時24時間/365日
連絡方法電話/メール/LINE
面倒な退職をあなたの変わりに完全代行!【退職代行ギブアップ】

退職代行コンシェルジュ

退職代行コンシェルジュ
利用料金(税込)一律32,400円(キャンペーン価格 通常正社員49,800円/アルバイト39,800円)
返金保証なし
対応日時24時間/365日
連絡方法電話/メール/LINE

退職代行EXIT

退職代行EXIT
利用料金(税込)正社員・契約社員・派遣社員50,000円 アルバイト・パート30,000円
返金保証なし
対応日時24時間/365日
連絡方法電話/メール/LINE
退職代行EXIT(イグジット)へアクセス

弁護士法人みやび(旧:汐留パートナーズ法律事務所)

汐留パートナーズ
利用料金(税込)一律54,000円
返金保証なし
対応日時AM10:00〜PM9:00 不定休
連絡方法電話/メール/LINE
弁護士法人みやびの退職代行サービスへ

タイトルとURLをコピーしました