FREENANCE(フリーナンス)とは?評判・仕組み、メリット・デメリットを解説【フリーランスの保険と即日払いサービス】

スタートアップ
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

日本初のフリーランス(個人事業主)向けの収納代行・即日払いサービスのフリーナンスをご存知でしょうか?

具体的には下記のサービスが利用できるフリーランス(個人事業主)にはありがたいサービスです。

  • 好きな名前で振込専用口座を無料開設
  • 報酬の即日払いサービスを利用できる
  • 仕事での事故を最高5,000万円まで保証

結論から先に書くと、フリーランス(個人事業主)なら登録しておいて損はありません。

この記事は、フリーランス・個人事業主向けの損害賠償保険と収納代行・即日払いサービス「FREENANCE(フリーナンス)」の評判・仕組み、メリット・デメリットを解説していきます。

スポンサーリンク

FREENANCE(フリーナンス)とは

FREENANCE(フリーナンス)とは

フリーナンスはフリーランス(個人事業主)のための損害賠償保険と収納代行・即日払いサービスです。

ネットによって誰でもフリーランス(個人事業主)として働くことができる時代に、フリーランスの保険やお金の問題をサポートするサービスとして2018年にリリースされました。

GMOグループであるGMOクリエイターズネットワーク株式会社が提供しています。

FREENANCE(フリーナンス)の特徴・メリット

  • 急にお金が必要になった場合にも安心の即日払い
  • 仕事での事故や物損を保証してくれる
  • 振り込み専用口座の開設が可能
  • ケガや病気で働けなった場合の補償
  • 法人でも登録可能

急にお金が必要になった場合にも安心の即日払い

フリーナンスの最大のメリットがこちらです。

フリーナンスに登録すると、クライアントや発注者にかわって支払われる予定の収益を最短即日で振り込んでもらえます。

フリーランス(個人事業主)にとってお金の悩みは深刻です。

クライアントによって支払いサイクルがばらばらなので「急にお金が必要になった」「次の仕入れをするお金が欲しい」などお金の悩みは常につきまとう問題です。

フリーナンスの即日払いサービスを利用すればこのような悩みを解決できます。

即日払いサービスのポイント
  • 手数料は3~10%
  • 手数料は与信スコアによって決まる
  • 取引可能額は1万円~1,000万円
  • 取引先には知られない

フリーナンス即日払いの仕組み

フリーナンス即日払いの仕組み

フリーナンスの即日払い利用の流れは下記となっています。

①フリーナンス専用口座を振込先にした請求書を請求

②フリーナンスに即日払いを申請

③審査後にフリーナンスから個人口座へ即日支払い

④取引先が期日までにフリーナンス口座に入金

フリーナンスの即日払いの仕組みはファクタリングサービスと呼ばれものです。

ファクタリングサービスとは、将来的に入ってくる企業の収入(売掛金や手形など)を買い取って現金化して貰えるサービスのことです。

フリーナンスの場合、請求書が将来的に入ってくる企業の収入にあたります。

仕事での事故や物損を保証してくれる

フリーランスの仕事での事故や物損は基本事故責任となっており誰も守ってくれません。

フリーナンスでは無料で口座を開設するだけで、フリーランス特化型の損害賠償保険「あんしん補償」が全ユーザーに自動付帯されます。

事故や物損だけでなく、情報漏洩や著作権侵害なども補償の対象となっています。

最高5,000万円
業務遂行中の事故
陸上競技をドローン撮影中、突風により操縦不能に陥り、選手に怪我をさせてしまった。
仕事の結果の事故
市の依頼で作成したゆるキャラのきぐるみの設計上のミスにより中の人が酸欠状態で病院に運ばれた。

最高500万円
受託物の事故
写真撮影用に預かっていた新製品の模型を、アシスタントが転んで壊してしまった。
情報漏えい
業務に使用するパソコンがウィルスに感染し、企業情報が漏えいし、発注者に営業損失が発生した。
著作権侵害
発注者へ納品した成果物が第三者の盗用にあたるとされ、第三者から損害賠償請求を受けた
納品物の瑕疵
納品したシステムに不具合が生じ、システムの使用不能期間の代替手段に要する費用が発注者に発生した。
納期遅延
職場が罹災し、納期に間に合わなかったため、発注者から損害賠償請求を受けた。

受け取り限度額

「あんしん補償」の受け取り限度額は下記となっています。自己負担額は一切必要ありません。

保証内容1事故あたりの
補償限度額
期間中の限度額 
業務遂行中の補償5,000万円なし
仕事の結果(PL責任)の補償5,000万円5億円
受託財物の補償500万円5億円
業務過誤の補償500万円5億円

振り込み専用口座の開設が可能

フリーナンスでは仕事用の振込専用口座を開設することができます。

屋号やペンネームなどの名義でも口座が作れ、利用料も手数料も無料となっています。

振り込み専用口座のポイント
  • あなたの名前で口座開設
  • 屋号(ペンネームを含む)も使える※1
  • 利用料・振込手数料無料
  • 報酬の振込は毎週1回※2

※1 個人事業主開業届の写しの提出が必要
※2 GMOあおぞらネット銀行の場合は毎日振替可能

個人や小規模への発注をためらう企業は少なくありません。振込先をフリーナンスの振込専用口座にすることによって以下のメリットがあります。

振り込み専用口座のメリット
  • 審査があるため反社会的勢力データベースに掲載されていないことを証明できる
  • 万が一の場合にもあんしん補償によって発注先企業も守られる
  • フリーナンスの即日払いが利用できる

ケガや病気で働けなった場合の補償

2020年8月7日より「あんしん補償」に加えて、病気やケガによる就業不能に備えた所得補償サービス『あんしん補償プラス』の提供を開始しました。

フリーナンスの会員であれば、個人加入時よりも約6割低い掛金で加入することができます。

最長1年間の補償
ケガや病気で働けなくなった場合、あらかじめお申込みいただいた金額を最長1年間、保険金として受け取れます。

24時間・365日補償
仕事中だけでなく、日常生活や旅行中のケガ・病気にいたるまで国内・海外を問わず24時間・365日補償されます。

天災によるケガも補償
国内・海外を問わず、地震・噴火・津波など天災によるケガで働けなくなった場合にも保険金が支払われます。

あんしん補償プラスの価格比較

料金と割引率フリーナンス
あんしん補償プラス
団体F(例)
団体加入費(年額)3,000円10,000円
団体割引率60%44%
月々の保険料1,770円2,310円
年間支払い総額24,240円37,720円

法人でも登録可能

フリーナンスということでフリーランス(個人事業主)専門のサービスと思いがちですが法人でも登録することが可能です。

「即日払い」や「あんしん補償」もフリーランス(個人事業主)と同様に利用できます。

登録方法もほとんど変わりませんが法人向けの書類が登録時に必要となります。

  • 登記簿謄本
  • 代表者の写真付き身分証明書

FREENANCE(フリーナンス)の評判・口コミ

フリーランスになったら加入

あんしん保証がすごい

屋号の口座が作れて便利

精神衛生上良い

手数料が高い

FREENANCE(フリーナンス)のデメリット

  • 個人間の取引に利用することができない
  • 振込専用口座から自由に引き出すことができない
  • 取引額によっては請求書の登録が必要な場合がある
  • 即日払いに手数料がかかる
  • 審査に時間がかかる

個人間の取引に利用することができない

フリーナンスのサービスは法人の取引専用となっています。

個人間のお金のやり取りに使うことはできません。

例えば同じフリーランスの方と取引する場合には利用できないので注意が必要です。

振込専用口座から自由に引き出すことができない

振込専用口座に振り込まれた売上は自由に引き出すことができません。毎週1回(金曜日)指定の口座に振り込まれます。

振込先の口座を同じGMOグループのGMOあおぞらネット銀行にすれば毎日振替することが可能となります。

取引額によっては請求書の登録が必要な場合がある

基本的にフリーナンス専用口座に入金があっても請求書を登録する必要はありませんが、イレギュラーな大金の入金があった場合に、確認のため請求書の登録が必要な場合があります。

登録確認が終わるまで入金が見送られます。

即日払いに手数料がかかる

「即日払い」を利用する場合、与信スコアによって3~10%手数料が発生します。

フリーナンスのビジネスモデルがこの手数料にあるのでどうしようもありませんが、この手数料を高いと感じるのであればデメリットとなります。

審査に時間がかかる

フリーナンスの登録審査には2週間程度が必要でした。身分証情報・登録情報の差異確認、反社会データベースでの信用調査があったからです。

しかし、2019年12月に会員登録の本人確認に『eKYC』を導入し最短3時間で会員登録が可能になりました。

FREENANCE(フリーナンス)の審査

フリーナンスの審査には2種類があります。

  1. フリーナンス会員登録時の審査
  2. 会員登録後に「即日払い」を利用する際の審査

フリーナンス会員登録時の審査

フリーナンスの会員登録時の審査は、電子本人確認システム『eKYC』を導入したことにより大幅に時間が短縮されました。

①フリーナンス公式サイトより会員登録

②電話番号認証

③利用者情報を入力

④口座情報を入力

⑤写真付き身分証明書を登録

⑥フリーナンスの審査

⑦フリーナンス会員登録完了

登録できる身分証明書は下記となります。

  • 日本のパスポート(写真貼付面、所持人記載面)
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • 住民基本台帳カード(顔写真ありのみ)
  • 運転経歴証明書

のいずれか

会員登録後に「即日払い」を利用する際の審査

①フリーナンス振込専用口座記載の請求書をクライアントに送付

②会員ページから請求書を登録

③エビデンス登録

④フリーナンスの審査

⑤即日払い完了

登録するエビデンス情報は下記となります。

  • 現在の住所が確認できる公共料金の請求書や領収書1点
  • 銀行口座の入出金履歴を3ヶ月分以上(6ヶ月推奨)
  • 請求書の送付を示すエビデンス
  • 請求書の受領済みを示すエビデンス
  • 納品物や契約書などの情報

守秘義務などがある場合は問題のある部分を黒塗りにするなどの対応で問題ありません。

FREENANCE(フリーナンス)の与信スコア

フリーナンスの「即日払い」の手数料(3~10%)は与信スコアによって決まります。与信スコアが高くなればなるほど手数料は安くなります。

与信スコアを上げる具体的な方法は下記となります。

フリーナンス振込専用口座を利用する

フリーナンスの振込専用口座にクライアントからの入金があればあるほど与信スコアは上がっていきます。

収納代行サービスや即日払いで振込専用口座を使い続けることが与信スコアを上げる最も確実な方法です。

与信タスクをクリアする

会員ページ内にある与信タスクをクリアすることでも与信スコアを上げることができます。

  • フリーランス事務局からの電話インタビュー(所要時間15分程度)を受ける
  • Googleやfacebookなど、SNSアカウントとアカウントを連携
  • Moneytree、freee、Misocaなどのクラウドサービスと連携
  • 確定申告書類、課税証明書、住民税納付書などの収入証明書類を提出

まとめ

フリーランス・個人事業主向けの損害賠償保険と収納代行・即日払いサービス「FREENANCE(フリーナンス)」の評判・仕組み、メリット・デメリットを解説しました。

フリーナンスは、即日払いサービスを利用する場合には手数料が発生しますが、それ以外のデメリットはほとんどありません。

即日払いサービスもいざという時に使えばいいだけなので、登録しておいても全く損はしません。

フリーランス・個人事業主の方は絶対に口座を作っておくべきです。

  • 急にお金が必要になった場合にも安心の即日払い
  • 仕事での事故や物損を保証してくれる
  • 振り込み専用口座の開設が可能
  • ケガや病気で働けなった場合の補償
  • 法人でも登録可能
タイトルとURLをコピーしました