経団連会長「終身雇用なんてもう守れない」と発言!!

ニュース
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

経団連の中西会長( 日立製作所取締役会長 )が、今後、企業が終身雇用を続けていくのは困難であるという発言をしたのが話題になっています。

スポンサーリンク

終身雇用とは

終身雇用制度とは、企業の倒産などがない限り、正社員として入社した社員を退職まで雇用する日本独自の雇用制度です。

終身雇用の崩壊

高度経済成長期の日本では、右肩上がりの成長が前提となったこの制度が広く受け入れられました。

一度雇用されてしまえば、定年まで安心して働けるということは、収入の不安なく生活をおくれ、また長く勤めていれば能力に関係なく年功序列で給与があがっていくので、会社の忠誠、いわゆる愛社精神が生まれるなど決して悪い面ばかりではなかったと思います。

しかし、景気が停滞した現代日本において、この制度の維持や意義を議論する今回の経団連会長の発言は、終身雇用制度の崩壊を意味するのでしょうか?

まあ、今の若い世代はすでに幻想だと思っている思いますが。。。























終身雇用制度が崩壊するまでに読むべきおすすめ本

コメント