ギャラ飲みで稼ぐ!エンタメマッチングサービス「pato(パト)」とは?評判・口コミ、特徴、料金体系を解説

副業
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

「pato(パト)」というサービスをご存知でしょうか?

パーティーや飲み会に参加したり、芸をしたりするだけで稼げると話題のサービスです。

どれぐらい稼げるかというと。。。

1番稼ぐ子はどのくらい稼ぐの?
patoで1番稼げる方は1週間に50万、月にすると200万ペースで稼げたりもします。年収2400万ペースですね。インターネットによるコスト削減と多くのユーザーを抱える、No.1エンタメアプリのpatoだからこそ可能です。その詳しい内容は面談でお話します。

https://pato.today/cast/

すごいですね。

もはや副業の域を超えています。

今回は、話題のエンタメマッチングサービス 「pato(パト)」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

pato(パト)とは

pato(パト)とは

pato(パト)は、「日本最高に稼げる」をうたうエンタメマッチングサービスです。

パーティー、宴会、接待、飲み会などを主催する人と場を盛り上げれるエンターティナーを結びつけるサービスです。

タレント、お笑い芸人、マジシャン、占い師から普通の女子大生、OLまで幅広いジャンルの方が登録しています。

アプリは、20万DLを突破し、マッチング回数も3万回を超え、テレビや雑誌などで特集が組まれるなど人気となっています。

pato(パト)の詳細情報

運営会社株式会社キネカ
サービス開始時期2016年12月
アプリDL数20万DL以上
マッチング数6万回以上
報酬体系時給+指名料
時給スタンダードクラス:4000円/h
VIPクラス:8000円/h
ロイヤルVIPクラス:20000円~/h
指名料:2400円/h
深夜手当:4000円/h
手数料無し
メディア掲載実績あり
対応エリア東京/大阪/名古屋/福岡/横浜/神戸/京都/埼玉/仙台/札幌/広島/熊本/沖縄
公式ツイッターhttps://twitter.com/Pato__Pato

pato(パト)の特徴

支払いは全てpato(パト)が仲介で安心

料金回収は全てpato(パト)が仲介します。

pato(パト)の決済システムを通して支払われるので不要なやりとりはなく、安心して報酬を受け取ることができます。

審査制・顔出し不要

pato(パト)のキャストは顔出し不要です。

身バレや写真の流出の心配はありません。

利用者はエグゼクティブ

利用者は、審査制で主に経営者や医者、弁護士、会計士、投資家などの富裕層でゆとりのあるエグゼクティブが中心です。

運営の充実サポート

pato(パト)の運営は24時間365日サポート。

わからないことなど気軽の相談でき、やりとりするメッセージの監視やブロック、通報機能も完備しています。

友達と参加可能

一人で不安の方は、友達と一緒に参加することも可能です。

空いた時間で友達とお小遣い稼ぎができます。

pato(パト)の評判・口コミ










pato(パト)の報酬体系

pato(パト)の報酬は、スタンダード・ VIP・ロイヤルVIPの3つのクラスに分かれています。

最高クラスのロイヤルVIPだと何と

時給20000円~

と超高額となっています。

スタンダードクラス

時給4000円/h
指名料2400円/h
深夜手当4000円

VIPクラス

時給8000円/h
指名料2400円/h
深夜手当4000円

ロイヤルVIPクラス

時給20000円~/h
指名料-
深夜手当-

pato(パト)の勤務地

pato(パト)の勤務地は今のところ都心部が中心となっています。

お店は会員制のバーや、個室のあるカラオケバーなど、一般の人の目の触れない場所がよく使われます。

また開催時間は主に平日の21時〜26時ごろがピーク。平日の会食や2次会、接待の後、もしくは経営者同士のプライベート飲み会の2次会などでよく開催されます。

https://pato.today/cast/

東京

現在は六本木、西麻布、渋谷、恵比寿、新宿などが中心。

大阪

現在はミナミ、キタエリアなどが中心。

名古屋

現在は名駅、栄などが中心。

福岡

現在は中洲、天神などが中心。

横浜

現在は横浜、新横浜、川崎、みなとみらい、関内などが中心。

神戸

現在は三宮・姫路・尼崎・西宮・伊丹などが中心。

埼玉

現在は大宮、浦和、川越、川口などが中心。

仙台

現在は国分町、仙台駅前、仙台駅東口、一番町、長町、泉中央などが中心。

沖縄

現在は松山、国際通り、若狭などが中心。

札幌

現在はすすきの、函館、帯広などが中心。

熊本

現在は下通・上通・上の裏・新市街・水道町・春日などが中心。

広島

現在は流川町・八丁堀・紙屋町などが中心。

pato(パト)の利用者層

pato(パト)の利用者層は、経営者・役員、士業(医者・弁護士・税理士)などのエグゼクティブ層が多数を占めています。

pato(パト)の利用者層

pato(パト)利用の流れ

pato(パト)を利用する手順ですが、

pato(パト)公式サイトからLINE@友だち追加

②運営事務局と面接日時・場所の調整

③担当者と面接(オンライン面接も可)

④キャスト登録

⑤利用者からオファー

⑥業務スタート

という流れになっています。

LINEから応募は、 1日以内にくるようです。

応募条件

pato(パト) は20歳以上の方であれば登録可能です。ゲストを笑顔にすることができ、素敵な飲み会を演出できる方でしたら誰でも応募できます。

面接時に必要なもの

写真

pato(パト)では、面接時に写真審査がありますので、自身の写真が必要となります。

加工されていない、自身の顔がはっきりとわかる写真であれば、友達と映っているものでも審査対象となります 。

本人確認用書類

免許証など本人確認書類が必要となります。

■一般的な本人確認用書類

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 身体障がい者手帳、または療育手帳、または精神障がい者保健福祉手帳
  • 在留カード(旧 外国人登録証明書)+外国パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)

面接場所

面接は、東京・大阪・名古屋・福岡・神戸・埼玉・仙台・沖縄・札幌・広島・熊本で受け付けています。

また、 WEBでのビデオ面談も可能です

面接時の服装について

相手に好印象を与えるような清潔感のあるものであれば、自由な服装で問題ないようです。

pato(パト)の面接は厳しい

pato(パト)のキャストは、運営スタッフが応募者全員を面接しています。

通過率は10%と、報酬が高額なだけあってかなり厳しい面接となっています。

pato(パト)の面接人数

pato(パト)の面接は担当スタッフ1~2名によって行われます。

面接の合否については、pato(パト)スタッフの4人によって判断されるようです。

日によって担当スタッフは異なりますが、マニュアルの沿って複数のスタッフに行われる為、厳正な審査を行うことができるようです。

pato(パト)の面接に合格するには

pato(パト) 公式サイト内では、呼ばれやすいキャストの特徴を公開しています。

  • 時間を守れる
  • ノリがいい
  • 人と話せる
  • 話が聞ける
  • 空気が読める
  • お酒が飲める
  • お酒の場が好き

これらの特徴を加味して自分をアピール必要があります。

また、お酒が飲めない方でも活躍しているキャストは沢山いるようです。

pato(パト)の退会方法

pato(パト)を退会するには、専用の退会フォームのようなものはなく、patoサービス内のコンシェルジュに退会の申し込みをします。

pato(パト)の運営会社情報

【会社名】
株式会社キネカ
【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木3-18-2 1505号
【設立】
2016年12月
【代表】
籔本 崇 

【関連リンク】

日本No.1のエンターテイメント特化型マッチングプラットフォーム「pato(パト)」が7月1日に京都での本格運用を開始。MBS「メッセンジャーの◯◯は大丈夫なのか?」で特集さ...
キネカのプレスリリース(2019年7月18日 10時00分)日本No.1のエンターテイメント特化型マッチングプラットフォームが7月1日に京都での本格運用を開始。MBSで特集され話題に!
日本No.1のエンターテイメント特化型マッチングプラットフォーム「pato(パト)」がマッチング回数3万回突破記念!著名占い師“ゆりか”さんが期間限定で仕事募集開始。
キネカのプレスリリース(2019年4月2日 09時30分)日本No.1のエンターテイメント特化型マッチングプラットフォームがマッチング回数3万回突破記念!著名占い師“ゆりか”さんが期間限定で仕事募集開始。
日本No.1のエンターテイメント特化型マッチングプラットフォーム「pato(パト)」がマッチング回数3万回突破!著名マジシャン“TOMMY”さんら精鋭10人のエンターティナーが期...
キネカのプレスリリース(2019年3月15日 17時39分)日本No.1のエンターテイメント特化型マッチングプラットフォームがマッチング回数3万回突破!著名マジシャン“TOMMY”さんら精鋭10人のエンターティナーが期間限定で仕事募集開始

コメント