【2019年版】本当に面白いおすすめオリンピック映画ベスト5【名作、マイナーから話題作まで】

映画
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

2020年に行われる 「東京2020オリンピック競技大会」 のチケット予約が遂に開始され、徐々にオリンピックムードが盛り上がっている今日この頃です。

気持ちが先行する私は、最近オリンピックを題材とした映画鑑賞にすっかりハマってしまいました。

オリンピック映画といえば、市川崑監督の「東京オリンピック」が日本では有名ですが、今回の東京オリンピックでは、「萌の朱雀」「殯の森」でお馴染みの河瀬直美監督が公式記録映画の監督に選ばれ2021年に公開されるそうです。

こちらも本当に楽しみです。

今回は、私が観たオリンピックを題材としたオリンピック映画のおすすめ作品をご紹介します!

スポンサーリンク

第5位 | アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル

1994年リレハンメルオリンピックの女子フィギュアスケートは、トーニャ・ハーディングとナンシー・ケリガンの2選手の話題で持ち切りでした。

なにせリレハンメルオリンピックの選考会となる全米選手権で有力選手だったナンシー・ケリガン選手が何者かに襲われる「ナンシー・ケリガン襲撃事件」がおこったからです。

犯人はもう一人の有力選手、 トーニャ・ハーディングの元夫。

1991年の全米フィギュアスケート選手権。トーニャ・ハーディングはアメリカ人として史上初めてトリプルアクセルを成功させた。この偉業はトーニャの名前と共に不朽の業績として後世に語り継がれていくはずだった。しかし、1994年に事態は暗転する。リレハンメル五輪の選考会となる全米フィギュアスケート選手権で、トーニャはライバルのナンシー・ケリガンを襲撃して出場不能に追い込んだのである。この事件によって、トーニャの業績を正当に評価することが困難になってしまった。

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル – Wikipedia

本作は、 スター選手の一人であったトーニャ・ハーディングが、何故にこのような事件を起こしてしまったのかを追う伝記映画です。

幼少期の母親のしつけという名の虐待が彼女の精神に暗い影を落としていきます。

女子フィギュア史上最もスキャンダラスな事件『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』予告編

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダルの口コミ・評判








■映画情報
【監督】クレイグ・ガレスピー
【脚本】スティーヴン・ロジャース
【製作】ブライアン・アンケレス/スティーヴン・ロジャース/マーゴット・ロビー/トム・アカーリー
【音楽】ピーター・ナシェル
【配給】ネオン/ショウゲート
【時間】121分
【出演】マーゴット・ロビー/セバスチャン・スタン/アリソン・ジャネイ


マーゴット・ロビー (出演), クレイグ・ギレスピー (監督)

第4位 | 白い恋人たち

北海道の名物土産でも桑田佳祐の7枚目のシングルでもありません。

本作は、1968年2月6日~2月18日までフランスのグルノーブルで行われたグルノーブルオリンピック(第10回冬季オリンピック)の記録映画です。

監督は、「男と女」「愛と哀しみのボレロ」でお馴染みフランスの巨匠クロード・ルルーシュと「アメリカの裏窓」の監督 フランソワ・レシャンバック。

原題は「13 Jours en France( フランスにおける13日間 )」。

これを「白い恋人たち」と邦訳するセンスもなかなかスゴイですね。

ナレーションもストーリーもない、オリンピック選手達の記録映像が、芸術的な描写と迫力ある映像でせまってきます。

フランシス・レイが作曲したメインテーマ曲も超有名です。

白い恋人たちの口コミ・評判







■映画情報
【監督】クロード・ルルーシュ/フランソワ・レシャンバック
【脚本】ピエール・ユイッテルヘーヴェン
【音楽】フランシス・レイ
【配給】東和
【時間】112分


クロード・ルルーシュ (監督, プロデュース), フランソワ・レシャンバック (監督)

第3位 | イーグルジャンプ

イギリス史上初のスキージャンプのオリンピック選手エディ・エドワーズの半生を描いた映画。

エディ・エドワーズは幼い頃からオリンピック選手に憧れていた。だが、近眼で運動音痴なエディには到底無理な話だと周囲からは馬鹿にされていた。そんなある日、イギリス国内にスキージャンプの有力選手が誰もいないと知ったエディは、スキージャンプのイギリス代表選手になるため練習場があるドイツの雪山へと向かうのだった。
そこでエディが出会ったのは、過去には天才スキージャンパーと称されていたが、傲慢な態度と素行不良が原因でスキージャンプ界を追放され、今では練習場の整備係にまで身を落としているブロンソン・ピアリーだった。エディはピアリーに自らのコーチになってほしいと頼み込むが当然相手にされるわけはなく、彼は冷たくあしらわれてしまう。だが、スキージャンプに本気で打ち込み大怪我をしてまで練習に臨むエディの姿を見て、かつての情熱を取り戻したピアリーは彼のコーチを引き受けるのだった。
こうして二人のオリンピックへの挑戦が始まった。

イーグル・ジャンプ – Wikipedia

情熱と根性で突き進む運動音痴のエドワーズとヒュー・ジャックマン演じるブロンソン・ピアリーのコンビが最高です 。

本作ではフィンランドの鳥人マッチ・ニッカネン( エドウィン・エンドレ)も登場し、往年のスキージャンプ好きの私はさらに胸熱でした。

『イーグル・ジャンプ』2017.1.18先行デジタル配信/2017.2.3ブルーレイ&DVDリリース

イーグルジャンプの口コミ・評判







■映画情報
【監督】デクスター・フレッチャー
【脚本】ショーン・マコーレー/サイモン・ケルトン
【製作】アダム・ボーリング/デヴィッド・リード/ルパート・マコニック/ヴァレリー・ヴァン・ガルダー/マシュー・ヴォーン
【音楽】マシュー・マージソン
【配給】20世紀フォックス/ライオンズゲート
【時間】105分
【出演】タロン・エガートン/ヒュー・ジャックマン/クリストファー・ウォーケン/イリス・ベルベン/ジム・ブロードベント


クロード・ルルーシュ (監督, プロデュース), フランソワ・レシャンバック (監督)

第2位 | ミルカ

ドイツの定番チョコレートではありません。

1960年ローマオリンピックと1964年東京オリンピックに出場したインドの陸上選手ミルカ・シンの半生を描いたインドのスポーツ伝記映画です。

ミルカ・シンは日本ではあまり馴染みがありませんが、インドでは知らない人がいないほどのインドスポーツ界の英雄だそうです。

当時のインド・パキスタン情勢、宗教の対立に翻弄される英雄ミルカ・シンの半生は、感動に感動を呼ぶ名作です。

ちなみに武井壮が、謎の日本人選手役で出演しています。

映画『ミルカ』予告編

ミルカの口コミ・評判







■映画情報
【監督】ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ
【脚本】プラスーン・ジョーシ
【原作】『The Race of My Life』ミルカ・シン/ソニア・サンワルカ
【製作】ラジヴ・タンドン/ラガヴ・バール/マイトレイー・ダスグプタ/マダヴ・ロイ・カプール/ラチヴィン・ナルラ/
シャム・P・S/ナヴメート・シン/P・S・バラティ
【音楽】シャンカル=イフサーン=ロイ
【配給】ヴァイアコム18モーション・ピクチャーズ/日活/東宝東和
【時間】153分
【出演】ファルハーン・アクタル/ソーナム・カプール/ディヴィヤ・ダッタ/メーシャ・シャフィ/パヴァン・マルホトラ/アート・マリック


ファルハーン・アクタル (出演), ソナム・カプール (出演), ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ (監督)

第1位 | クール・ランニング

オリンピックを題材とした映画では、ド定番中のド定番ですが、やはり何度観ても面白い。

南国ジャマイカのボブスレーチームが冬季オリンピックに出場するという無謀な挑戦をコミカルかつ感動的に描いた実話に基づく名作です。

1987年、常夏の国・ジャマイカ。1988年ソウルオリンピックの陸上男子100メートル競走代表選手を決める選考会で、父親も過去オリンピック100m走で金メダルを獲得し、代表最有力候補と目されていたデリース・バノックはスタートラインに着く。下馬評通りデリースはレース途中まで先頭を争うが、隣のレーンを走っていたジュニアがバランスを崩して転倒し、デリースとユル・ブレナーの2人も巻き込まれる形で転倒してしまい、夏季オリンピック出場の夢は断たれた。
後日、委員会でレースのやり直しを訴えるデリースであったが、取り合ってもらえず。デリースはその時、委員会室の壁に掛けられた写真に目を留める。そこには金メダルを首にかけているデリースの父と共に、1人の白人男性が写っていた。その男は当時、ボブスレーで金メダルを獲得したアメリカ人選手で、現在この町のプールバーにいると知らされる。その時デリースは「ボブスレーでオリンピックに出場してメダルを獲ろう」という奇抜なアイデアを思いつく。

クール・ランニング – Wikipedia

本作をまだ観てない方は強くおすすめします。

Cool Runnings

クール・ランニングの口コミ・評判








■映画情報
【監督】ジョン・タートルトーブ
【脚本】リン・シーファート/トミー・スワードロー/マイケル・ゴールドバーグ
【製作】ドーン・スティール
【音楽】ハンス・ジマー
【配給】ブエナ・ビスタ
【時間】98分
【出演】レオン/ダグ・E・ダグ/ロール・D・ルイス/マリク・ヨバ/ジョン・キャンディ


ファルハーン・アクタル (出演), ソナム・カプール (出演), ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ (監督)

オリンピックを題材とした映画

その他のオリンピックを題材とした映画をまとめました。こちらも是非!!

東京オリンピック

日本が誇る名匠市川崑監督による1964年東京オリンピックの記録映画。

ドキュメンタリー映画 (出演), 市川崑 (監督, 脚本)

フォックスキャッチャー

1996年に起きたロサンゼルスオリンピックレスリングフリースタイル金メダリストのデイヴ・シュルツ殺害事件を題材にした伝記映画。

スティーヴ・カレル (出演), チャニング・テイタム (出演), ベネット・ミラー (監督)

ミュンヘン

スティーヴン・スピルバーグが監督した、1972年に起きたミュンヘンオリンピック事件を題材としたサスペンス・スパイ映画。

エリック・バナ (出演), ダニエル・クレイグ (出演), スティーブン・スピルバーグ (監督)

炎のランナー

1942年のパリオリンピックを舞台としたユダヤ人とスコットランド人の実在する2人のランナーを描いた映画。

エリック・バナ (出演), ダニエル・クレイグ (出演), スティーブン・スピルバーグ (監督)

栄光のランナー

1936年ベルリンオリンピックで史上初4つの金メダルを獲得したアメリカの黒人陸上選手ジェシー・オーエンスの半生を描いた伝記映画。

ステファン・ジェイムス (出演), ジェイソン・サダイキス (出演), スティーヴン・ホプキンス (監督)

ミラクル

1980年レークプラシッドオリンピックで大学生の寄せ集めチームであるアイスホッケーアメリカ代表が金メダルを獲得するまでの軌跡を描いたスポーツ映画。

カート・ラッセル (出演), パトリシア・クラークソン (出演), ギャヴィン・オコナー (監督)

時よとまれ、君は美しい/ミュンヘンの17日

1972年に17日間に渡って開催されたミュンヘンオリンピックの記録映画。

ユーリー・オーゼロフ (監督), マイ・ゼッタリング (監督)

冬の恋人たち

アルベールビルオリンピック出場を目指す、ペア・フィギュアスケートの男女の姿を描くアメリカ映画。

D・B・スウィーニー (出演), モイラ・ケリー (出演), ポール・マイケル・グレイザー (監督)
クリスティー・カールソン・ロマノ (出演), ロス・トーマス (出演), ショーン・マクナマラ (監督)

札幌オリンピック

1972年日本で開催された札幌オリンピックの記録映画。総監督は「少年時代」などの篠田正浩氏。

ブロンズ! 私の銅メダル人生

オリンピック銅メダリストの栄光にしがみつく落ちぶれた元体操選手ホープのドタバタを描くコメディ映画。

メリッサ・ラウシュ (出演), ゲイリー・コール (出演), ブライアン・バックレイ (監督)

民族の祭典

当時としては圧倒的な映像美と技術で世界から絶賛された1936年ベルリンオリンピックを描いた記録映画。

ドキュメンタリー映画 (出演), レニ・リーフェンシュタール (監督)

不屈の男 アンブロークン

1936年ベルリンオリンピックに出場した陸上選手で、後に第2次世界大戦中で日本軍の捕虜になった米軍パイロット、ルイス・ザンペリーニの体験を描いた作品。

ジャック・オコンネル (出演), MIYAVI (出演), アンジェリーナ・ジョリー (監督)

私たちの生涯最高の瞬間

2004年アテネ五輪オリンピックで銀メダルを獲得した韓国ハンドボール女子チーム描いた作品。

オム・テウン (出演), ムン・ソリ (出演), イム・スンレ (監督)

コメント