【超初心者必見!】独自ドメインとは?ドメインの意味・構造、無料取得の方法、メリット・デメリットを解説

ブログ運営
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

このブログは独自ドメインを使ってWordPress(ワードプレス)を使って立ち上げました。

独自ドメイン?
WordPress?
何ですかそれは?

という方のため、超初心者でもわかりやすく超速でブログを立ち上げる方法を順番に解説していきます。

今回は独自ドメインとは何ぞやから。

わかりやすくエセ関西弁口調でいってみますわ。

 

スポンサーリンク

ドメインとは?

まずはドメインからや。

ドメインのことをわかりやすく解説

ドメインインターネットの住所みたいなもんや。

ヤフーやと↓これ
https://www.yahoo.co.jp/
アマゾンやと↓これ
https://www.amazon.co.jp/
Googleやと↓これ
https://www.google.com/

わしのサイトの住所はこれやゆうて、みんなに教えるんや。

アルファベットと数字とハイフン「-」の組合せが基本やな。この住所があれば、世界中のインターネッツから自分のサイトにアクセスできるんや。

実は日本語ドメインちゅうて、日本語(ひらがな、カタカナ、漢字)でもいけるで。
https://日本語.jp/

でもな、この日本語ドメインって、わしらの目からは日本語に見えとるだけでな、実はアルファベットと数字とハイフン「-」の組合せやねん。

https://日本語.jp/ ⇒ https://xn--wgv71a119e.jp/

けったいなやっちゃな。誰かがうまいことアルファベットや数字を日本語に変換してくれてんねん。便利なもんや。

それでいうと、ドメインも実はIPアドレスちゅうて数字の組合せやねん。

183.79.135.206
これなんやと思う?

ヤフーのIPアドレスや
http://183.79.135.206/
これでもヤフーにアクセスできるんや。

でもな、数字だけやとなんのこっちゃわからへんやろ。

あんた家の住所を緯度経度でいわれてもわかるかっちゅうねん。せやから、アルファベットや数字の組合せのドメインに変換してくれとんねん。これもほんま便利なもんやわ。

ドメインの構造

ドメインを分解してみるともう少しわかりやすいで。

わしのサイトのドメインはこうや
https://www.umazura.net

このドメインはこう分解できるや
[https://][www].[umazura][.net]

https:// http://

先頭の「https://」これはhttpちゅう通信技術を使ってますということや、決まり文句やから必ずこの形や。「Hyper Text Transfer Protocol」ちゅう長ったらしい名前の略やが、まあ覚えんでもいいで。時間の無駄や。

問題なのは、httpsの「s」や

昔はhttpが主流やってんけどな、インターネットが流行ってもうて仰山の人が使うようになるとやな、ほれ、詐欺や不正アクセスやサイトをかってに書き換える改ざんとかな、なんや悪いことするやつがでてくるわけや。

悪いやつの技術が進歩してもうて、普通のhttpやとあかんってことで、httpsに変わったわけや。
httpsになるとな暗号化通信いうて、なんや普通やとわけわからん感じになって不正しにくくなって安全ちゅうわけや。

わしのサイトのURLみてみ、

ばっちりhttpsついとるやろ。しかもご丁寧に鍵のマークまでついとるやろ?

これがhttpsの証や、まあ安心安全ちゅうことやね。

www

「www」これも決まり文句や。ホスト名いうたりするけどな。昔はこれをつけることが当たり前やったから、そのころの名残や。

ちなみにあってもなくても今じゃどっちでもええねんけど、サイトを設定するサーバによっていろいろや。

わしのサイトやとどっちでアクセスしてもいけるで。

ありなしでも同じようにアクセスできるし、わけることもできるらしいわ。詳しい話はサーバー会社のおっちゃんにでも聞きなはれ。

umazura

これがいわゆるサイトの住所、ドメインちゅうわけや。
アルファベット、数字なんかで自分で自由に組み合わせて選べるところや。自分の会社名やサービス名からお気にのホステスの姉ちゃんの名前でもええねん。

.net

[.net]はトップレベルドメインいうて形式が決まってねん。ただ、いろんな種類があってな、そこは自分でいろいろ選べんねん。

ドメイン意味・用途
.jp日本をあらわすドメイン名
.com商業組織用ドメイン名
.netネットワーク用ドメイン名
.bizビジネス用ドメイン名
.work仕事や作品をあらわすドメイン
.xyz特に意味を持たず、自由
.site場所・会場をあらわすドメイン
.tokyo東京をあらわすドメイン

あと、会社や医療法人やないと取得できないドメインもあるんやで

ドメイン 
.co.jp日本で登記を行っている会社のみ取得できます。
.or.jp財団法人や医療法人などが取得できます。

いろいろあるやろ。

この他にもまだ何百何千と種類があるねん。どんだけやねん。

ちなみ国内シェアNo.1のお名前.comはんでとれるドメインは550種類やって。大変なもんやな。しかもなこれ一個一個に管理組織があんねん。わろてまうやろ。

ちゅうわけで、
ドメインは自分の好きなアルファベット、数字なんかと、[.com][.net][.jp]などを自由に組み合わせて取得するんや。簡単やろ。

あ、大事なことを忘れとったわ。アルファベットと数字なんかの組合せで自由に選べるんやけどな。これ全部早いもの勝ちやねん。他の誰かが先にとってたら取得できへん。

あ、もっと大事なこと忘れとったわ。ドメイン取るのはお金がかかりますねんや。
しかもな、選ぶ[.com][.net][.jp]なんかで、値段が違いますねん。いやー世知辛い世の中なホンマ。

値段は年間で数十円から数十万円までピンキリや。ってどんな値幅あんねん。ぼったくりもええとこやな。

まあ数十万円なんてのは特殊な例やお大尽さんお殿様用ちゅうことで、我々庶民には関係あらへん。

普通は数十円から数千円で問題ないから安心してくれや。ちなみに「umazura.net」は消費税あわせて年間754円や。

  • ドメインとるにはお金が必要や
  • 誰かが既にとってたら取得できへん
  • 選ぶ[.com][.net][.jp]なんかで値段が違うんや
  • 特定の組織や会社やないと取れんドメインがあるんや

無料ブログサービスを使えばドメイン代は無料

なんやドメイン取るの金かかるんかいな。

あかんあかん解散や!って、ちょい待ちいな。

わしんとこ年間754円やで。

何、そんなんも払いたないって?どんだけえげつないね。

しゃあない。タダでドメイン取る方法教えたる。

ええか、おはてなさんとかおライブドアさんとかにお願いするんや。

現実社会と違ってやな、インターネッツはタダでもなんとかなる世界やねん。おグーグルさんみてみ、地球の裏側までみれてタダやでどんだけ気前ええねんって話や。

ちゅうことで、タダでブログが作れるサービスがあんねん。

はてなブログ
ライブドアブログ
Blogger

これらを使うとなタダでこんな感じのブログが作れんねん。

ええやろ。しかもな、ドメインはむこうが既に取得してくれてるから、そのドメインを一部使わしてもらうんや。もちろんタダや。

無料ブログサービスのメリット

  • タダで全部用意してくれてる
  • タダでアクセスを流してくれる
  • 知識もそんなにいらへん

ええやないか。そう思うやろう?

無料ブログサービスのデメリット

タダほど怖いもんはないってな。タダだけにそれなりのデメリッツも存在するわけや。何んもなかったらタダの方をみんな使うちゅうねん。

サービスが突然終了することがある

そらそうや、ボランティアちゃうからな。稼げんようになったらおしまいや。ほなさいならって、「終了のお知らせ」って文章かいてしまいや。

考えてみ、一生懸命ブログを書いてやな、なんやアクセスが集まってやな、これいけるんちゃうかってがんばとってな、はい終了やで。

今までの苦労が全部ゼロや、「おまえらはゼロか?ゼロの人間なのか?」って滝沢先生にぶん殴られるちゅう話や。

書いた記事が突然消されることがある

タダで使ってええでって、言うても無法者ばっかり仰山集まってきてもええ迷惑やからな。一応、ルールちゅうもんが存在するわけや。

あたりまえやな。それを無視しておかしな記事かいてみ。そら消されてしまいますわな。自分ではおかしないって思うてもや。長い時間かけて調べて書いた記事とかでも容赦なくや。

無料ブログサービスの広告が勝手に表示される。自由に広告が張れない

そらホンマにタダでなんでも自由にさせてくれって虫のいい話やからな。

何度も言うが向こうも商売や。変わりに自分とこの広告だしまっせってな感じで表示される。これはなんぼ自分で仰山お客さん集めたって、ショバ代とられとるようなもんやな。

ついでに自分で広告張ろうとしても、やれ3箇所までやとか制限かかんねん。

グーグルさんのアドセンスの審査が通らない

グーグルアドセンスちゅうのは、ネットの広告業界ではまさに世界ナンバーワン言うてもおかしない広告サービスでな、これを張ってこいつの広告収益だけで暮らしているような人が世界に大勢いるちゅうほどのサービスや。

このグーグルアドセンスな昔よかったんやけど、今はこの無料ブログサービスだと審査通らへんね。厳しいなってもうたな。

無料ブログサービスのドメインは、簡単に言うと

[自由に設定].[無料ブログサービスのドメイン]

こんな感じになるわけや。

無料ブログサービスのドメインの一部を使わせてもろうとるからタダになるって話やったな。

ところがこれがグーグルアドセンスでダメになってもうたんや。あいたたたって感じやな。

誤解のないように言っとくけど、自分でとったドメインを無料ブログサービスで設定することもできるから完全にダメになったわけやないで。

これやとタダでドメイン使えるってメリットは一つ消えてまうけどな。

無料ブログサービスを使うメリットとデメリットをまとめてみたんやけど、どうやろ。

もちろん無料ブログサービスはいろんな制限あるけど、タダでいろいろ用意してくれとんのはホンマに魅力的や。機能もほんま充実しとる。アクセスも最初からある程度集めやすい。自分のスタイルにあわせて利用していくんがええのちゃうやろうか。

ちょっと前なら
・初心者がいきなりはじめるなら無料ブログサービス
・がっつりやりたいなら独自ドメイン
って流れやったのが、
いきなり独自ドメインでやらなオワコンやでって流れになってきてるみたいやな。

「それあなたの感想ですよね?」
「そうやで」

独自ドメインとは

独自ちゅうぐらいやから「それだけ」って意味や。

世界に一つだけの花ちゅうことやな。

ここまで説明したとおり、

独自ドメインとは、自分で好きな組み合わせで選んで金払ってとったドメインちゅうことや。

わかったやろ。

今回はここまでや。
以上、よろしくお願い致します。

コメント