話題のベビーシッター&家事代行サービス「キッズライン(KIDSLINE)」とは? 評判・口コミ、仕事内容、時給を解説

副業
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

少し前に話題になったこの記事。

キッズラインで月商100万円のベビーシッターが誕生。"主婦力"が高収入に (2019年5月21日) - エキサイトニュース
全国で1時間1000円~24時間スマホで呼べるベビーシッター・家事...

月商100万円のベビーシッターが登場したとネットを騒がせました。

100万円プレイヤーがあらわれたのは 「キッズライン(KIDSLINE)」 というサービス。

今回は、ベビーシッター&家事代行サービス「キッズライン(KIDSLINE)」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

キッズライン(KIDSLINE)とは

キッズライン(KIDSLINE)とは

キッズライン(KIDSLINE)は、 株式会社キッズラインが運営するベビーシッター&家事代行サービスです。

PCやスマホなどのオンラインを利用し、通常のベビーシッターサービスの約3分の1の値段で、ベビーシッターや家事代行を手配することが可能になっています。

北海道から沖縄まで全国47都道府県に対応しており、0~15歳までの子供のサポートが可能です。

母親ケア、英会話、家庭教師の依頼にも対応しています。

【ベビーシッター】キッズラインのある生活

こんな方におすすめ

  • 子育てを終えた主婦の方
  • ダブルワーカーや副業をお探しの方
  • 子供が大きくなって、手が空いた時間に何かしたい方
  • 子供の通園・通学中にできる時間帯に働いてみたい方
  • 未経験でも稼げる仕事を探している方
  • 元保育士の方
  • 各種資格(整理収納アドバイザー、調理師免許、マクロビオティック資格など)をお持ちの方

キッズライン(KIDSLINE)の特徴

未経験の方やブランクがあっても安心

キッズライン(KIDSLINE)では、 未経験でもすぐに働けるようにサービス、マナー、緊急時の対応など専門のトレーナーが実地研修を無料で行いますので安心して働くことができます。

自分で仕事内容、日時、働く場所を自由に決められる

週1から自分のスケジュールにあわせて、好きな場所で働くことが可能です。

時給は1,000円~好きな時給を設定できる

時給は1,000円~自由に設定できます。

一般的には1,000円~ 1,300円 ですが、資格があったり、人気のベビーシッターであれば、 2,000円~ 2,500円も可能です。

報酬を最短翌日に受け取ることが可能

キッズライン(KIDSLINE)では、 報酬を最短でお仕事の翌日に受け取ることが可能です。

お金の心配をすることなく働くことができます。

サポート中の子供の怪我には全て保険適応

大事なお客さんのお子様を預かる場合、どうしても不慮の事故やケガが心配になるものです。

キッズライン(KIDSLINE)では、 保険加入料や手続き一切不要で、最大5億円までサポート保証されます。

キッズライン(KIDSLINE)の評判・口コミ










「保育園に入れない!」フリーランスママの仕事復帰術 45秒Ver
月5万円までシッター代補助 Piccolo株式会社〜前編〜

キッズライン(KIDSLINE)スタッフさんの声

【キッズライン】バイリンガルサポーター紹介:カナさん
【KIDSLINE】バイリンガルサポーター紹介:ナサさん
バイリンガルサポーター紹介:ユカさん

キッズライン(KIDSLINE)のお仕事の特徴

キッズライン(KIDSLINE)の仕事内容

キッズライン(KIDSLINE)の 仕事内容は、「ベビーシッター」「家事代行」の二つとなります。

ベビーシッター

絵本やおもちゃで遊ぶ、公園で遊ぶ、勉強をみるなど子供のお世話が主な業務となります。

子供が好きな方、元保育士の方などに向いている仕事です。

家事代行

家庭にある道具や器具で、お風呂やキッチンなどの水回りの掃除、料理、作り置き、買い出しといった家事全般が業務となります。

キッズライン(KIDSLINE)の仕事場所

キッズライン(KIDSLINE)は、北海道から沖縄まで全国47都道府県に対応しています。

求人があれば、全国どこでも働くことが可能です。

キッズライン(KIDSLINE)の勤務時間

キッズライン(KIDSLINE)の勤務時間は、

週1日以上、1時間~好きな時間で

案件によって、勤務時間は幅広く、自分で好きな時間を選ぶことができます。

キッズライン(KIDSLINE)で仕事をするには

キッズライン(KIDSLINE)の登録サイトより、まずは登録しましょう。ベビーシッターと家事サポートそれぞれに登録サイトがあります。

ベビーシッターに登録する
家事サポーターに登録する

①キッズライン(KIDSLINE)の登録サイトから応募

②登録説明会・面談(2~3時間)

③実施研修(2時間)

④お仕事スタート

という流れとなっています。

キッズライン(KIDSLINE)の応募資格

ベビーシッター

必須

  • お子様が好きな方
  • 心身ともに健康な満18歳以上の方
  • 週に1回以上入れる方
  • 喫煙者でない方

歓迎するスキル・経験

  • 育児経験もしくは育児を手伝った経験、家庭教師経験
  • 各種資格保有者(保育士、看護師、チャイルドマインダー、産後ドゥーラ、教員など)
  • 特定分野のプロフェッショナルな知識(リトミック、英会話、ダンス、絵画、バレエ、プログラミング)などが

家事サポーター

必須

・心身ともに健康な満18歳以上の方
・喫煙者でない方

歓迎するスキル・経験

  • 各種資格保有者(整理収納アドバイザー、調理師免許、マクロビオティック資格など)
  • 特定分野のプロフェッショナルな知識
  • ご家庭での家事の経験

キッズライン(KIDSLINE)の登録説明会&面談場所

六本木会場

東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル8階(六本木駅徒歩3分)

新宿会場

新宿区西新宿6丁目8番2号 BIZ新宿 3階 研修室A(西新宿駅徒歩4分、新宿駅徒歩15分)

関東以外の方対象 (オンライン説明会)

関東以外の方は、現地開催ではなく、 テレビ会議システムZoomを使ってのオンライン面談・研修となります。 オンライン説明会は最大3時間になるので余裕のある日程で申込が必要となります。

まとめ

キッズライン(KIDSLINE)を運営する、 株式会社キッズラインの創業者経沢香保子さんは、リクルート、楽天を経て、起業したトレンダーズ をマザーズに上場させ、当時の最年少上場女性社長として話題になった人物です。

そんなバリバリのキャリアの経沢が、次に選んだ事業がベビーシッター マッチングサービスの キッズライン(KIDSLINE)です。

育児はもっと楽しいもの。
育児はみんなのもの。

でも、現代はママだけに負担が重くのしかかっています。
もっと、気軽にプロに頼める。アメリカのように気軽にベビーシッターがみつかる。
日本も、そんな社会になれば、もっと笑顔がふえるはず。

子供が急に熱を出した、残業がはいってしまった、
旦那さんと二人でたまにはデートしたい。

子どもが生まれてたくさんの出会いがあり、一人一人が輝き、世の中を彩っていく。
そんな本来あるべき育児スタイルを提供しようと私たちキッズラインは考えています。

KIDSLINEの想い

こんな経沢さんの思いに共感できた方、子供が好きな方、子育て中のお母さんのサポートをしたい方

是非、 キッズライン(KIDSLINE)に登録してみてはいかがでしょうか?

キッズライン(KIDSLINE)の運営会社情報

【会社名】 
株式会社キッズライン(KIDSLINE inc.)
(旧 株式会社カラーズ)
【住所】
〒106-0032
東京都港区六本木5-2-3マガジンハウス六本木ビル7F
【設立】
2014年7月7日
【代表】
経沢 香保子
【資本金】
3100万円

【関連リンク】

スマホで呼べる1時間1000円からの「家事代行」
株式会社キッズライン(KIDSLINE inc.)のプレスリリース(2018年11月6日 12時03分)スマホで呼べる1時間1000円からの
KIDSLINE代表・経沢香保子:革新的ベビーシッターサービスで働く母親支援網を構築
20代で起業、30代での3度の出産を経て、40代で2度目の起業を果たした経沢香保子氏。誰もが必要に応じて安心して利用できるベビーシッターサービス「KIDSLINE」を運営する。その起業の背景とサービスの仕組み、今後の展望について話を聞いた。

コメント