イラスト・デザインで稼ぐ!イラストオーダーメイドマーケット「SKIMA(スキマ)」とは?評判・口コミ、特徴、料金体系を解説

副業
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

ノウハウやスキルなどを売り買いできるスキルシェアサービスの中でも、イラストやロゴ制作に特化したサービスがあります。

それが、株式会社ビジュアルワークスが運営する「SKIMA(スキマ)」です。

SKIMA(スキマ)は、

  • イラストやデザインが趣味・得意
  • クリエィティブな仕事に興味がある
  • 本業の合間に作品を制作している

と言った方であればぴったりの仕事と言えるでしょう。

今回は、スキル・時間販売型副業サービスの中でもデザイナー・クリエイター向けの「SKIMA(スキマ)」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

SKIMA(スキマ)とは

SKIMA(スキマ)とは

SKIMA(スキマ)は、イラストやロゴなどを手軽にオーダーできるオーダーメイドマーケットです。

企業向けのロゴやイラストだけでなく、個人が利用するイラストなども売り買いすることができます。

イラストやロゴがメインですが、占い、文章、悩み相談なども扱っています。

海外では、コミッション(Commission)というイラストを個人に有料で発注する文化があり、 SKIMA(スキマ) は日本でコミッション文化を広めることをミッションとしています。

自分だけの絵が頼める!イラストオーダーサイト【SKIMA】とは?

ターゲットユーザー

SKIMA(スキマ)では下記のようなユーザーをターゲットにしています。

  • ちょっとしたイラストを頼みたい
  • オリジナルのSNSアイコンが欲しい
  • 同人活動してるけどイラストがない
  • プレゼントにオリジナルの似顔絵をあげたい
  • すでにイラストオーダーしてるけど決済が面倒

SKIMA(スキマ)の詳細情報

運営会社株式会社ビジュアルワークス
サービス開始時期 2015年8月
会員数130,000人以上
クリエイター数22,000人以上
出品数70,000件以上
取引件数13,000件以上
報酬1,000円~200,000円
支払日1日~15日の申請 → 20日振込
16日~月末までの申請 → 翌月5日
※土日祝日を挟む場合は翌営業日の振込
手数料11~22%
※商品価格により異なる
振込手数料262円(税込)
メディア掲載実績 あり
対応エリア 全国
公式ツイッター https://twitter.com/SKIMAjp

SKIMA(スキマ)の特徴

  • クリエイターと個人を繋げるサービス
  • オーダー用途は多彩
  • 完全無料で全てのサービスが利用できる
  • 依頼者のリクエストに応募することができる
  • 支払いはSKIMA(スキマ)が仲介
  • チップ制度がある

クリエイターと個人を繋げるサービス

SKIMA(スキマ)は、誰でも個人のイラストレーターにイラストを依頼できるサービスです。

クリエイターが、自身のサービスにイラストやロゴを追加したい場合などに簡単に発注することができるのが最大の特徴です。

オーダー用途は多彩

SNSアイコン、小説の表紙、プレゼント用の似顔絵、自分の中にあるオリジナルキャラクターなどオーダー用途は多岐にわたります。

完全無料で全てのサービスが利用できる

SKIMA(スキマ)は登録や利用料などは発生せず、全てのサービスを無料で利用することができます。

サービスを出品し取引が完了したときに販売金額に応じた手数料が発生します。

依頼者のリクエストに応募することができる

カテゴリにないイラストやロゴなどは依頼者がリクエストとして掲載できます。

自分でできそうな案件があれば応募することが可能です。

支払いはSKIMA(スキマ)が仲介

面倒なお金のやり取りは全てSKIMA(スキマ)が仲介します。

購入者は前もって SKIMA(スキマ)に料金を支払い、取引完了後に問題なければ出品者に支払うシステムとなっているため、未払いなどのトラブルを防ぐことができます。

チップ制度がある

納品されたイラストが予想以上に良かった、出品者の対応が良かったなどの場合、購入者は出品価格とは別にチップを送る制度があります。

SKIMA(スキマ)の使い方

SKIMA(スキマ)の使い方はとても簡単です。

クリエイターとして出品する場合

作品を出品(商品の説明・自分が作った作品例)⇒購入申請⇒購入申請を承認⇒作品制作⇒納品

イラスト・デザインを購入する場合

欲しいイラストを探して購入申請⇒支払い方法を選択⇒要望を伝える⇒納品⇒評価して取引完了

SKIMA(スキマ)の評判・口コミ

SKIMA(スキマ)の悪い評判・口コミ

SKIMA(スキマ)の報酬体系

SKIMA(スキマ) の報酬は自分で設定することができます。

設定できる価格は下記となっています。

最低価格:1,000円
最高価格:200,000円

チップについて

「取引完了後に作品が思ったより良かった」「対応が丁寧だった」など購入者から高評価があった場合にチップが贈られる場合があります。

チップは取引完了後に贈られ決済手数料などは購入者負担となります。

SKIMA(スキマ)の手数料について

SKIMA(スキマ)の手数料は11~22%となっています。

SKIMA(スキマ)で取引成立後に商品の価格に対して販売手数料として 11~22%が引かれて報酬が支払われます。

商品価格手数料
500円~20,000円22%
20,001円~50,000円17%
50,001円~11%

振込手数料

報酬が支払われる際の振込手数料は自己負担となっています。

振込手数料262円(税込)

送料の負担

グッズカテゴリの商品は、必ず出品者か購入者のどちらが送料を負担するか記載する必要があります。

記載がない場合は、原則出品者が負担します。

  • 送料込み(出品者負担)
  • 着払い(購入者負担)

その他の手数料

SKIMA(スキマ)では、その他に下記のような手数料がありますが、これらはいずれも支払い側の購入者が負担するものとなります。

項目手数料
コンビニ決済手数料200円(税込)
チップ手数料チップの受取額に対して11%~17%

SKIMA(スキマ)の手数料は高い?

他のスキルシェアサービスとSKIMA(スキマ)の手数料を比較してみました。

ネット上では、SKIMA(スキマ)の手数料が高いのでは?という声がありますが、他のスキルシェアサービスと比較しても決して高くはありません。

サービス名手数料備考
ストアカ10~30%月間売上・集客方法により異なる
サイタ無し時給+歩合給制
SKIMA(スキマ)11~22%商品価格に応じて変動
Cafetalk15~40%レッスン消化数やレッスン評価に応じて変動
coconala10~25%販売総額に応じて変動
Time Ticket10~25%販売チケット価格に応じて変動
ANYTIMES15%システム手数料
アスクビー25%キャンペーン期間を除く
スキルクラウド25%消費税等はスキルクラウドが負担

SKIMA(スキマ)の支払い方法

出品者と購入者のお金のやり取りは全てSKIMA(スキマ)が仲介しているので安心して取引することができます。

購入者がSKIMA(スキマ)で購入する場合、支払い方法は下記の3種類があります。

  • コンビニ払い
  • クレジットカード払い
  • 売り上げ・ポイントから支払い

「コンビニ払い」は、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、デイリーヤマザが利用できます。

「クレジットカード払い」は、VISAカード、MASTERカードに対応しています。

支払いが完了しても代金はSKIMAが取引完了まで預かり形となっており、作品が納品された後に出品者に支払われるので金銭トラブルを回避することができます。

SKIMA(スキマ)の案件の特徴

SKIMA(スキマ)で出品できるカテゴリは大きく5つに分かれています。

  • イラスト
  • デザイン
  • キャラ販売
  • 文章
  • その他

SKIMA(スキマ)の出品数をカテゴリ別にまとめました。

イラスト

サブカテゴリ出品数
イラスト20,532
専用出品3,936
似顔絵890
その他443
モデリング378

デザイン

サブカテゴリ出品数
デザイン645
その他133
写真・動画・アニメーション157
専用出品82
WEBデザイン40

キャラ販売

サブカテゴリ出品数
全対象キャラ5,033
デフォルメキャラ719
男性向けキャラ590
女性向けキャラ374
特殊キャラ345
その他キャラ96

文章

サブカテゴリ出品数
小説515
専用出品241
シナリオ126
その他91
文章作成・編集67
記事作成25
ライフスタイル20
語学・翻訳28
コピー・フレーズ13

その他

サブカテゴリ出品数
占い399
悩み相談224
音楽・BGM・ナレーション281
専用出品167
その他152
グッズ75
SEO・WEBマーケティング・ビジネス33
IT・プログラミング33
習い事29

SKIMA(スキマ)利用の流れ

SKIMA(スキマ)を利用する手順は下記となります。

SKIMA(スキマ)に会員登録

②電話番号認証

③出品サービスの入力

④出品サービスの公開

⑤購入者からの購入申請

⑥購入申請を承認

⑦購入者とのやりとり

⑧作品制作

⑨納品

⑩販売代金受け取り

SKIMA(スキマ)に会員登録

SKIMA(スキマ)公式サイトへアクセスして新規会員登録を行います。

サービス出品者も購入者も会員登録方法は共通となっています。

SKIMA(スキマ)会員登録

メールアドレスかSNSアカウント(Facebook・Twitter・Google・LINE)で会員登録が可能です。

今回はメールアドレスで登録します。

メールアドレスを入力して「登録する」をクリックします。

SKIMA(スキマ)会員登録2

新規登録フォームに必要情報を入力して「登録する」をクリックします。

入力する情報は下記となります。

ニックネーム(2~20文字以内)
認証コード
パスワード(8~16文字以内)

SKIMA(スキマ)会員登録3

認証コードは、登録したメールアドレスに送信されます。

SKIMA(スキマ)会員登録4

全ての情報を入力して登録すれば会員登録は完了です。

電話番号認証

商品を出品する場合、まず最初に電話番号認証が必要となります。

SKIMA(スキマ)電話番号認証

携帯電話の電話番号を入力して「SMSを送信する」をクリックします。

SKIMA(スキマ)電話番号認証2

携帯電話に認証番号(PINコード)が送信されるので、送られてきた認証番号を入力して「認証番号を送信する」をクリックします。

SKIMA(スキマ)電話番号認証3

電話番号認証が完了しました。出品することが可能になります。

SKIMA(スキマ)電話番号認証4

出品サービスの入力

出品するカテゴリを選択します。

SKIMA(スキマ)出品サービス入力

出品サービスの内容を入力していきます。

入力する情報は下記となります。

商品タイトル(最大40文字)【必須】
商品内容(最大3000文字)【必須】
日程関連の説明文(最大3000文字)【必須】
著作権・使用許可
納品までの作業日数【必須】
納品形式
サイズ
含まれるリテイク回数
受付情報【必須】

SKIMA(スキマ)出品サービス入力2

サービス内容を入力したら「次へ」をクリックします。

SKIMA(スキマ)出品サービス入力3

続いて料金を設定します。

基本料金の他にオプションサービスの項目と料金を入力することもできます。

オプション料金にも手数料は発生します。

SKIMA(スキマ)出品サービス入力4

続いて商品画像をアップロードします。

アップロードできる画像の形式は下記となります。

ファイル形式:jpg/jpeg/png
画像サイズ:1000×1000ピクセル以下

※正方形でない画像はアップロード時に正方形に切り抜かれて表示されます。

SKIMA(スキマ)出品サービス入力5

同様のサイズでサブ画像も追加できます。

SKIMA(スキマ)出品サービス入力6

出品サービスの公開

全ての情報を入力したらサービスを出品することができます。

あとは、購入者からの購入申請を待ちます。

SKIMA(スキマ)で稼ぐには

SKIMA(スキマ)で稼ぐにはやはり固定ファンを作ることが大事です。

ファンを作るには自分の作品を多くの人に見てもらう必要があるのでInstagramやTwitterなどSNSをフル活用しましょう。

クリエイターランク認定制度とは

SKIMA(スキマ)では販売実績を独自の基準で評価し、クリエイターランクを認定しています。

クリエイターランクが上がることにより、クリエイター自身の評価や信頼があがり、商品ページ等にもクリエイターランキングが表示されますので購入機会や見積もり相談の増加につながります。

クリエイターランク認定基準
レギュラー一回出品されたクリエイター
ブロンズ累計販売件数1件のクリエイター
シルバー累計販売件数3件のクリエイター
ゴールド直近3か月の販売額5万円以上のクリエイター
プラチナ直近3か月の販売額15万円以上のクリエイター
クリエイターランクの更新について
  • 毎月1日の午前3時に更新
  • レギュラーからのスタートし、ランク更新のタイミングで条件を満たせば1ランクずつランクアップ
  • レギュラーランク、ブロンズランク、シルバーランクは一度ランクアップするとランクダウンなし
  • プラチナランク、ゴールドランクは直近3か月の認定基準を満たした場合に限りランク維持継続

リクエストとは

SKIMA(スキマ)では、カテゴリにないイラストなどを依頼したい場合に依頼者がリクエストという形でクリエイターを募集することができます。

リクエストには「プロジェクト形式」「コンペ形式」の2種類があります。

プロジェクト形式

プロジェクトに対応できるクリエイターからの提案を募集する形式です。

あくまで提案なので、提案の採用を行った後に実際の成果物を制作します。

コンペ形式

依頼者が企画内容を提示し、その企画にあった成果物を作成して提出する形式です。

成果物である作品が採用されることによって報酬が支払われます。

コンペの採用期間は、募集終了後より14日間となっています。

SKIMA(スキマ)のポイントについて

キャンペーンなどで獲得できるSKIMA(スキマ)のポイントは1ポイント=1円として、SKIMA(スキマ)の作品購入に利用できます。

ポイント毎に有効期限があり、有効期限が過ぎるとポイントが失効するので注意が必要です。

現在、新規会員登録で300ポイントのプレゼントキャンペーンを実施中しています。キャンペーンはいきなり終了する可能性もあるのでSKIMA(スキマ)に登録するなら今がお得です。

SKIMA(スキマ)ポイントキャンペーン

SKIMA(スキマ)のクーポン

SKIMA(スキマ)のクーポン

ポイントと同様に購入時に利用できるクーポンがあります。

会員専用のメルマガなどで定期的にクーポンが配信されますので見逃さないように有効利用しましょう。

まとめ

デザイナー・クリエイター向けのスキルシェアサービス「SKIMA(スキマ)」の評判・口コミ、特徴、料金体系を解説しました。

イラストやデザインが得意の方であれば大変おすすめの副業サービスです。

ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

  • クリエイターと個人を繋げるサービス
  • オーダー用途は多彩
  • 完全無料で全てのサービスが利用できる
  • 依頼者のリクエストに応募することができる
  • 支払いはSKIMA(スキマ)が仲介
  • チップ制度がある

SKIMA(スキマ)の運営会社情報

【会社名】
株式会社ビジュアルワークス
【住所】
〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-22-8 池袋千歳ビル7F
【設立】
2003年7月22日
【資本金】
20,000,000円 (2011年7月1日現在)
【代表】
落水 恒一郎 (おちみず こういちろう) 
【主な事業内容】
モバイルに特化したメディア、及び公式コンテンツの企画・制作・運営ならびに広告事業を中心とした事業。
【従業員数】
28名(2019年7月1日現在)
【連結子会社】
株式会社フェイクスター
【主要取引先】
株式会社アップデイト
株式会社アニメイト
株式会社ウインライト
株式会社サイバーエージェント
株式会社ハピネット
株式会社ファンコミュニケーションズ
株式会社ボルテージ
ユナイテッド株式会社
(五十音順)
【加盟団体】
加盟団体届出電気通信事業者(A-23-11727)
一般社団法人シェアリングエコノミー協会

【関連リンク】

バナー制作サービスバナーナが『SKIMA creative』へキャラクター、Web制作などを追加しリニューアル
株式会社ビジュアルワークスのプレスリリース(2019年3月4日 10時00分)バナー制作サービスバナーナが『SKIMA creative』へキャラクター、Web制作などを追加しリニューアル
デザイン・イラストのオーダーメイドマーケット「SKIMA(スキマ)にKyashのウォレットアプリ導入決定!
株式会社ビジュアルワークスのプレスリリース(2018年10月9日 14時30分)デザイン・イラストのオーダーメイドマーケット[SKIMA(スキマ)にKyashのウォレットアプリ導入決定!
株式会社ビジュアルワークス|「誰と働くか」が大切 アールエイチナビ
誰もが活躍できる企業へ 「ここにしかない」サービスを追求する
株式会社ビジュアルワークス 代表取締役 落水 恒一郎  | 情熱社長~情熱的な社長のメッセージ~
タイトルとURLをコピーしました