社会人向けのおすすめプログラミングスクール4選!忙しい社会人でも失敗しない選び方・学習方法

プログラミングスクール
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

社会人の方がプログラミングスクールに通うケースが増えています。

  • 仕事の関係で勉強する必要に迫られている
  • 何のスキルもなく社会人になってしまい将来が不安だ
  • エンジニアとして転職したい
  • プログラミングを習得して副業したい
  • 自分でサイトやアプリを開発してみたい

など、理由は様々でしょうが、社会全体のIT化やIot・AIの普及でありとあらゆる業種でプログラミングと接する機会が多くなっているのは事実です。

また、最近のプログラミングスクールはオフライン・オンライン対応や独自テキストの導入など忙しい社会人でも無理せず挫折することなくプログラミング学習を進められるようなノウハウや環境が整っています。

  • 社会人におすすめのプログラミングスクールはどこ?
  • 社会人向けのプログラミングスクールの選び方を教えてほしい
  • 社会人がプログラミングスクールに通うメリットは?

今回の記事ではこんな疑問や悩みに答えていきます。

スポンサーリンク

社会人がプログラミングを学ぶメリット

  • 仕事の幅を広げることができる
  • 転職に有利
  • 収入を上げることができる
  • 収入の選択肢が増える
  • 業務の効率化に繋がる

仕事の幅を広げることができる

プログラミングを学習することで、確実の今の仕事の幅は広がります。

今まで社外に外注していたサイトなども自身で構築することもできますし、開発チームなどの違う部署で活躍することも可能です。

クライアントとのミーティングや営業などでシステムを売り込む場合でも実際の知識があるのとないののとでは説得力が違います。

転職に有利

プログラミングスキルがあることで、転職する際には有利に働きます。

プログラミングスキルがあることで転職先の選択肢が増えます。

エンジニアとして転職可能になるのは当たり前として、例えば「経理×プログラミング」「営業×プログラミング」という人材であれば、転職時にライバルよりも頭一つ抜き出ることができます。

収入を上げることができる

統計データによると、システムエンジニアの平均年収は約550万と全職種の平均年収約454万円よりも100万円ほど高くなっています。
※厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(H29)より算出

現在の年収が安すぎる・不満、今の仕事に将来性がないと感じている方はプログラミングを学習するべきです。

収入の選択肢が増える

プログラミングを習得していれば、会社の給料以外の収入を獲得することも可能です。

  • プログラミングで副業
  • 自分でサイトやアプリを開発して収入を得る

副業解禁の流れから様々な副業系のサービスがありますが、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングやココナラなどのスキルシェアサービス、シューマツワーカーなどの副業マッチングサービスとどこを見渡してもプログラミング系の副業は常にニーズがあります。

社会人がいざ副業をしようと思っても何もスキルがない状態では何をしていいかもわかりません。プログラミングスキルがあれば副業に困ることはありません。

プログラミング系の副業は単価も高いので、下手をすれば本業よりも稼ぐことが可能になります。

業務の効率化に繋がる

今ある業務の効率化という点でもプログラミングは役に立ちます。

プログラミングを取得することで論理的な思考が鍛えられますし、単調な作業や無駄な入力作業なども自分でプログラミングを組めれば簡単に効率化できます。

社内のエンジニアとの打ち合わせや外注先の開発会社とのやり取りでもプログラミングがわかるだけでかなり無駄がなくなります。

社会人向けのプログラミングスクールの選び方

  • プログラミングスクールに通う目的をはっきりさせる
  • 通学型かオンライン型か
  • 受講料金
  • 転職支援サポートがあるか
  • 転職保証があるかどうか
  • プログラミング言語や開発サービス
  • 受講期間・学習時間

プログラミングスクールに通う目的をはっきりさせる

社会人向けのプログラミングスクールを選ぶ上で最も大事な事は、自分がプログラミングスクールに通う目的は何かをはっきりさせることです。

今の業務に役立てたいのか、エンジニアとして転職したいのか、はたまた自分でアプリなどを開発してみたいのでか目的に応じて選ぶスクールは通ってきます。

通学型かオンライン型か

プログラミングスクールには都心の駅前などに教室がある通学型(オフライン)とネット上で好きな時間に好きな場所で学習できるオンライン型に分かれています。

最近は通学型のスクールでもオンラインと併用しているところがほとんどです。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、オンライン型の方が教室を持っていない分、受講料金は安くなる傾向にあります。

オンライン型教室型
東京・大阪など大都市に住んでいる方
地方や住まいや通学が困難な方×
メンターなどに直接会って質問したい方×
教室でないと勉強に集中できない×
授業料の安さ×

受講料金

前提としてプログラミングスクールの受講料金は安くありません。

数か月で数十万円という受講料金は社会人であっても簡単に払えるものではないでしょう。

無理して高額なスクールに通う必要はありません。高額なスクールが必ずしもいいスクールだとは限らないので、評判や無料体験などで自分にあったコスパのよいスクールを探す必要があります。

転職支援サポートがあるか

プログラミングスクールに通ってエンジニアとして転職したいと考えているのなら、転職支援サポートが充実したスクールを選択するべきです。

スクールによっては、プログラミング学習の講師とは別にキャリアサポートの担当がつき平行して転職のサポートをしてもらえます。

また、卒業性の転職実績や転職先なども調べておく必要があります。

ネット上の情報や評判・口コミではわからない情報は、各スクールが行っている無料相談で必ず確認するようにしましょう。

転職保証があるかどうか

転職保証があるかどうかも大事なポイントとなります。

転職保証とはスクールでプログラミングを習得して転職に成功すれば受講料金を全額返金してくれるサービスのことです。

転職保証があるなしはスクールによって違いますが、基本的には転職を前提としているので年齢制限(20代までというところが多い)や学習到達度の期日制限など審査や条件がつきます。

プログラミング言語や開発サービス

プログラムといっても用途や目的によって使用する言語は違います。

サービス言語
WEBサイトPHP/Java/Rubyなど
iPhone/AndroidアプリJava/Swift/C#など
機械学習/AIPythonなど

スクールやコースによって学習できる言語に違いがあるので、自分が習得したい言語や目的にあわせてプログラミングスクールを選ぶ必要があります。

受講期間・学習時間

スクールやコースによって受講期間や学習時間も変わってきます。最短で1ヶ月から半年にわたる場合もあります。

習得するレベルや講義の難易度によっても変わってきますが、ライフスタイルによって確保できる時間が変わってくるので無理のないペースで学習できるスクール・コースを選択するのがベターですが、時間に余裕のない社会人であれば短期間で一気に詰め込むという選択もあります。

ただし、時間に余裕のある学生と違うのでそれなりにハードモードとなります。

社会人向けのおすすめプログラミングスクール

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)
プログラミング言語PHP/JavaScript/Java/Ruby/Python他
開発サービスECサイト/画像投稿サイト/カメラアプリ他
受講期間2ヶ月・4ヶ月・6ヶ月
学習時間180~200時間
受講形式マンツーマン/ビデオ通話/チャット
料金入学金30,000円/148,000円~
返金・キャッシュバック無し

CodeCamp(コードキャンプ)は、マンツーマン型の完全オンラインのプログラミングスクールで、受講者数は30,000名以上、研修として導入している企業も300社以上とオンラインのプログラミングスクールとしてはナンバー1の実績を誇っています。

講師はみな現役のエンジニアで、実践的な学習内容と現役エンジニアならではの生の声を聴くこともできます。

365日朝7時~23時40分まで受講できるので初心者でも仕事や学業と両立しながらプログラミングを習得可能。

  • マンツーマンの完全オンラインスクール
  • 受講者20,000名以上で実績No.1
  • 講師は皆現役のエンジニアで好きな講師を自由に選べる
  • オンラインだからリーズナブルな金額設定
  • 365日毎日7時〜24時まで好きな場所や時間で受講可能
  • 教科書は卒業後でも閲覧可能

実績No.1のオンラインスクール
レッスン満足度94.6%

コードキャンプゲート(CodeCampGATE)

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)
プログラミング言語PHP/JavaScript/Java/Ruby他
開発サービスECサイト/オリジナルサービス他
受講期間4ヶ月
学習時間400時間
受講形式マンツーマン/ビデオ通話/チャット
料金入学金30,000円/448,000円~
返金・キャッシュバック無し

コードキャンプゲート(CodeCampGATE)は、CodeCamp(コードキャンプ)の転職成功プログラムで、未経験からエンジニアとして転職を目指すオンラインスクールです。

受講生の約80%が未経験からエンジニアの転職に成功しています。

CodeCamp(コードキャンプ)との違いは、技術面ではメンター(助言者)、転職面ではキャリアアドバイザーが専属でつくこととより実践的なチーム開発を学べる点です。

  • CodeCamp(コードキャンプ)の転職成功プログラム
  • 受講生の約80%が未経験からエンジニアへ転職
  • 4か月で実務レベルまで学習
  • 現役エンジニア講師の専属メンター
  • 専属のキャリアアドバイザーによる転職支援

テックキャンプエンジニア転職(旧テックエキスパート)

テックキャンプエンジニア転職(旧テックエキスパート)
プログラミング言語JavaScript/Ruby他
開発サービスオリジナルサービス他
受講期間10週・6ヶ月
学習時間600時間
受講形式マンツーマン/ビデオ通話/チャット
料金598,000円~
返金・キャッシュバック有り

テックキャンプエンジニア転職(旧テックエキスパート)は、未経験からエンジニアとして転職・フリーランスとして活躍できるスキル取得を目指す養成プログラム。

多くのプログラミングスクールの転職コースでは、20代までといった年齢制限があるのが普通ですが、テックキャンプエンジニア転職は年齢制限がありません。それだけ自身があるということでしょうか。

設計、開発、インフラ構築、運用まで一気通貫で学べ、チーム開発やペアプログラミングといったより実践的な内容も授業に組み込まれています。

  • 【年齢制限なし】未経験からエンジニアに転職可能
  • チーム開発・ペアプログラミングを経験
  • 専属のライフコーチ・キャリアアドバイザーがつく
  • 成功者400名以上転職成功率99.0%
  • 転職保証制度あり
転職成功率99.0%
最短10週間でプロのエンジニアへ

DMMウェブキャンプ(DMM WebCamp)

DMM WebCamp(DMMウェブキャンプ)
プログラミング言語Ruby他
開発サービスECサイト/オリジナルサービス他
受講期間2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月
学習時間480時間~
受講形式マンツーマン/ビデオ通話/チャット
料金350,800円~
返金・キャッシュバック有り

お馴染みDMMグループ傘下のオンラインプログラミングスクール。都心の教室を自由に使える通学型のプログラミングスクールでしたが、2020年4月27日に待望のオンラインスクールが開講され全国どこからでも受講可能になりました。

未経験からのエンジニア転職に特化したプログラミングスクールで、就職成功率は98%と脅威の数字を誇っており、DMM.comグループ独自の求人ネットワークを持っているのが強みです。

転職できなければ受講料全額返金の「全額返金保証」があり、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座に認定されているので条件を満たせば最大70%(支給限度額:560,000円)が教育訓練給付金として支給され格安で受講することができます。

  • 転職に特化したプログラミングスクール
  • 就職成功率98%、卒業生の離職率1%
  • DMM.comグループならではの求人を紹介
  • 転職保証制度有り
  • 受講料が最大70%オフ
転職を本気で考えている方向け
転職保証で安心

未経験の社会人からエンジニアになれる?

結論から先に書くと、未経験の社会人からエンジニアになる事は可能です。

①未経験者⇒独学⇒エンジニア
②未経験者⇒プログラミングスクール⇒エンジニア

ぶっちゃけるとプログラミングは独学でも可能です。

最近は無料でサービスや書籍、ネットの情報も充実しているので昔と比べればかなり独学しやすい環境が整っています。

が、プログラミング学習の独学はかなりの確率で挫折します。

地頭がよく時間と根気に自身のある方であれば独学でも問題ありません。

そうでなければ、諦めてプログラミングスクールに通いましょう。

短期間で確実にプログラミングを習得するならプログラミングスクールが最適解と言えます。

無料体験や相談は必ず受講する

本当に自分にあったプログラミングスクールはネットの情報や評判・口コミだけではわかりません。

いくらネットの評判がよくても自分には合わない可能性はじゅうぶんにあるからです。

紹介しているプログラミングスクールは無料体験や無料相談を行っています。

必ず複数のプログラミングスクールの無料体験・相談を受けて比較するのが最もオススメの方法です。

まとめ

社会人向けのおすすめプログラミングスクール4選と忙しい社会人でも失敗しない選び方・学習方法を解説しました。

プログラミングスクールは受講料金が高額なのとかなりの学習時間を確保する必要がありますが、社会人がプログラミングスクールに通うメリットは非常に大きいです。

  • 仕事の幅を広げることができる
  • 転職に有利
  • 収入を上げることができる
  • 収入の選択肢が増える
  • 業務の効率化に繋がる

ぜひ、今回紹介したプログラミングスクールの無料体験・無料相談を受講するのをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました