弁護士事務所の退職代行サービスおすすめランキング

退職代行
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

このページでは、弁護士事務所による退職代行サービスを比較解説しています。

当ブログのおすすめ退職代行サービスはこちらです。

退職代行ニコイチ

【退職代行実績14年!!】
業界最安値の28,000円。退職成功率100%で4500人以上の退職成功。

退職代行Jobs(ジョブズ)

【セラピストの顧問弁護士が監修】
期間限定キャンペーン中「49,800円→29,800円」で返金保証付き!!

辞めるんです

【退職成功率100%!!即日対応】
期間限定キャンペーンで「50,000円→30,000円」で円満退社できる!!

スポンサーリンク

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、あなたに代わって勤務先の会社に退職の意思を伝え、スムーズに退職できるように仲介するサービスのことです。

弁護士事務所の退職代行サービスとは

あなたに代わって退職を代行してもらえる退職代行サービスには以下の3つの種類があります。

  • 電話代行会社が行うもの
  • 退職代行専門会社が行うもの
  • 弁護士事務所が行うもの

電話代行会社

電話代行会社は、会社の電話受付代行などを専門に行っている会社で、オプションサービスの一つとして以前から退職代行を行っていました。ただ、退職代行の専門会社ではないため料金やサービスの面からおすすめできません。

退職代行専門会社

退職代行専門会社サービスには、退職代行ニコイチ退職代行Jobs(ジョブズ)SARABAなど退職代行を専門に行っている会社です。

最近では多くの業者が退職代行事業に参入しており、結果各社のサービス競争が起こっており、キャンペーンなど費用はかなり安くなっています。

中には月に数百件の退職代行を行っている会社もあり退職率100%、退職できなければ全額返金保証など安心して利用できるサービスプランをうたう会社も増えています。

弁護士事務所

弁護士事務所では、法律のプロである弁護士があなたに代わって退職代行を行います。費用は、弁護士ということもあり、専門の退職代行会社よりやや高めとなっています。

弁護士事務所の退職代行サービスのメリット

弁護士事務所と退職代行会社の違いをまとめてみました。

対応項目退職代行会社弁護士事務所
退職代行
会社とのやり取り
離職票送付の交渉
有給消化の交渉
退職後の給料未払いの交渉×
内容証明の送付×
損賠賠償請求の対応×

非弁行為のリスクがない

退職代行会社は、基本的に退職の意思を会社に伝えること(伝言)しかできません。

なぜなら、弁護士以外の人間が報酬をもらって会社と退職の交渉をすることは非弁行為といって法律で禁止されているからです。

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:弁護士法第72条

退職代行会社は、あくまで退職の意思を伝えるだけなので、会社側から何かしらの交渉や顧問弁護士などが間に入ってしまうと対応するのが難しくなります。

なぜなら会社との交渉作業をしてしまうと非弁行為にあたるからです。

退職代行会社では、顧問弁護士のもと適切適法に業務を行っている会社もありますが、場合によっては非弁行為を会社側に突っ込まれる可能性もゼロではありません。

弁護士であれば、これらの行為が普通にできますので、退職代行会社を使った場合の非弁行為のリスクを回避することができます。

会社との交渉が可能

弁護士事務所では、退職代行にあたり、会社との交渉が可能です。

たとえば、離職票送付や有休消化について、退職代行会社でも会社側に伝えることは可能ですが、会社側が拒否することも考えられます。その場合、退職代行会社ではどうすることもできません。

弁護士であれば、会社と直接交渉することができるので、これらの交渉もスムーズに対応できます。

未払い給与・残業代・退職金の請求も可能

未払い給与・残業代の請求については、退職代行会社ではまったく対応できません。

これらは弁護士しかできない行為となります。

損害賠償請求にも対応できる

退職にあたって、万が一会社側から損害賠償請求をされてしまった場合も退職代行会社では対応できません。

企業側との損害賠償請求に対しては、弁護士しか対応することはできません。

うつ病・パワハラ・セクハラなどの対応も可能

うつ病による労災認定やパワハラ・セクハラなどの問題は、退職代行とは別の問題となっています。

これらは雇われている側が弁護士を雇って交渉する行為となります。

弁護士に退職代行をお願いしている場合は、平行してこれらの対応も可能です。

弁護士事務所の退職代行サービスのデメリット

費用が高い

弁護士の退職代行費用は、通常の退職代行会社より費用が高くなる傾向にあります。

また、未払い給与・残業代・退職金の請求については、弁護士事務所で対応できますが、一般的には成果報酬(場合によっては着手金も必要)として支払いが発生します。

すぐに対応してもらえない

退職代行会社のほとんどが24時間365日の受付対応をうたっています。早い会社であれば、深夜に問いあわせをして、その日の翌朝には会社に退職の意思を伝えてくれます。

弁護士事務所の場合、受付はほとんどが営業時間内であり、弁護士との相談・ヒアリングが必要となります。

また、弁護士事務所では、退職代行以外の弁護士業務も大量に抱えていますので、今すぐにでも会社を辞めたいと言う方にとっては、少し対応が遅く感じられるかもしれません。

クレジットカード払いに対応していないところが多い

弁護士事務所の退職代行費用は、基本銀行払いとなります。また分割払いなどにも通常は対応していません。

退職代行費用も若い方であれば、それほど安い金額ではありません。早急に会社を辞めたいが現金が手元にないという方であればクレジットカード払いに対応している退職代行会社の方が使い勝手がいい場合もあります。

弁護士事務所の退職代行費用

弁護士の退職代行費用は、平均で下記となっています。

職種退職費用平均
正社員5万円
パート・アルバイト4万6千円 

弁護士事務所の正社員の退職代行最安値

弁護士事務所(サービス名)利用料金(税込) 担当弁護士
弁護士法人ITJ法律事務所19,900円第一東京弁護士会所属
戸田泉
弁護士法人フォーゲル綜合法律事務所32,400円大阪弁護士会所属
嵩原安三郎
弁護士法人勝浦総合法律事務所43,200円第二東京弁護士会所属
勝浦敦嗣 他12名
弁護士法人やなぎだ50,000円第一東京弁護士会所属
柳田康男
汐留パートナーズ法律事務所54,000円第一東京弁護士会所属
佐藤秀樹
安全退職ドットコム54,000円第二東京弁護士会所属 
小林博孝
ウラノス法律事務所54,000円第一東京弁護士会所属
藤崎雅弘
STO法律事務所54,000円第二東京弁護士会所属 
周藤智
弁護士法人川越みずほ法律会計54,000円埼玉弁護士会所属
清水隆久 増森俊太郎 吉田名穂子
株式会社日本リーガルネットワーク
(スピード退職.com)
64,800円第一東京弁護士会所属
加藤恒也 高田佳匡 浅野英之
東京弁護士会
浅川有三 倉方隆也 梅澤遥
センチュリー法律事務所
東京すばる法律事務所
(弁護士による退職代行サービス)
70,200円東京弁護士会所属・社労士
小澤亜季子
第二東京弁護士会所属
十時麻衣子

弁護士事務所のパート・アルバイトの退職代行最安値

弁護士事務所(サービス名)利用料金(税込) 担当弁護士
弁護士法人ITJ法律事務所19,900円第一東京弁護士会所属
戸田泉
弁護士法人フォーゲル綜合法律事務所32,400円大阪弁護士会所属
嵩原安三郎
弁護士法人川越みずほ法律会計32,400円埼玉弁護士会所属
清水隆久 増森俊太郎 吉田名穂子
弁護士法人勝浦総合法律事務所43,200円第二東京弁護士会所属
勝浦敦嗣 他12名
ウラノス法律事務所43,200円第一東京弁護士会所属
藤崎雅弘
弁護士法人やなぎだ50,000円第一東京弁護士会所属
柳田康男
汐留パートナーズ法律事務所54,000円第一東京弁護士会所属
佐藤秀樹
安全退職ドットコム54,000円第二東京弁護士会所属 
小林博孝
STO法律事務所54,000円第二東京弁護士会所属 
周藤智
株式会社日本リーガルネットワーク
(スピード退職.com)
54,000円第一東京弁護士会所属
加藤恒也 高田佳匡 浅野英之
東京弁護士会 浅川有三 倉方隆也 梅澤遥
センチュリー法律事務所
東京すばる法律事務所
(弁護士による退職代行サービス)
70,200円東京弁護士会所属・社労士
小澤亜季子
第二東京弁護士会所属
十時麻衣子

弁護士事務所の退職代行サービスランキング

汐留パートナーズ法律事務所

汐留パートナーズ法律事務所
利用料金一律54,000円
オプション費用※未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料
成功報酬 経済的利益の20%
実費郵送料など
支払い方法銀行振込
対応日時AM10:00〜PM9:00 不定休
連絡方法電話/メール/LINE
弁護士第一東京弁護士会所属 佐藤秀樹

安全退職ドットコム

安全退職ドットコム
利用料金着手金54,000円(税込)
オプション費用未払い給料・残業代・退職金等の回収業務
初期費用(相談料、着手金/0円)
完全成功報酬型/経済的利益の20%
※退職代行業務契約の方限定オプションサービス
実費郵送料など
支払い方法銀行振込
対応日時明記なし
連絡方法メール/電話
弁護士第二東京弁護士会所属 
小林博孝

弁護士法人フォーゲル綜合法律事務所

弁護士法人フォーゲル綜合法律事務所
利用料金円満退職代行プラン:一律32,400円
損害賠償請求あんしんプラス:一律54,000円
オプション費用(残業代請求、退職金の交渉、労災請求など)はオプション(別途料金)
実費無し
支払い方法銀行振込
対応日時10時〜19時
連絡方法電話/メール/LINE
弁護士大阪弁護士会所属 嵩原安三郎

弁護士法人川越みずほ法律会計

弁護士法人川越みずほ法律会計
利用料金正社員54,000円
パート32,400円
オプション費用応相談
実費無し
支払い方法銀行振込
対応日時24時間/365日
連絡方法電話/メール/LINE
弁護士埼玉弁護士会所属 清水隆久 増森俊太郎 吉田名穂子

弁護士法人勝浦総合法律事務所

弁護士法人勝浦総合法律事務所
利用料金一律43,200円
オプション費用退職代行+残業代請求 弁護士報酬
【相談料/着手金】
0円
【弁護士報酬】
交渉での解決の場合18%〜
労働審判での解決の場合24%〜
訴訟での解決の場合30%〜
実費無し
支払い方法銀行振込
対応日時AM 10:00 ~ 19:00 (平日 / 定休日:日・祝)
AM 10:00 ~ 17:00 (土曜 / 東京のみ)
連絡方法電話/メール/LINE
弁護士第二東京弁護士会所属 勝浦敦嗣 他12名

ウラノス法律事務所

ウラノス法律事務所
利用料金正社員54,000円
パート・アルバイト43,200円
オプション費用※未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料
成功報酬 経済的利益の20%
実費郵送料など
支払い方法銀行振込
対応日時明記なし
連絡方法電話/メール/LINE
弁護士第一東京弁護士会所属 藤崎雅弘

弁護士法人やなぎだ

利用料金一律50,000円
オプション費用未払残業代請求費用
成果報酬20%~
実費無し
支払い方法銀行振込
対応日時平日9時〜18時 
連絡方法電話/メール/LINE
弁護士第一東京弁護士会所属 柳田康男

コメント