失業保険(雇用保険)の求職活動実績の簡単な作り方。セミナーや職業相談、足りない時の裏技も解説

就職・転職
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長(@umazura_ceo)です。

会社を退職した時にハローワークで手続きをすれば貰える失業保険は、転職先を決めずに会社を辞めてしまった方やしばらく休養してゆっくりと次の職を決めたい方にはありがたい制度です。

失業保険(雇用保険)の支給を受けるには、認定日までに求職活動実績を作る必要があります。

今回は、失業保険(雇用保険)の求職活動実績の簡単な作り方や足りない場合の裏技をご紹介します。なお、裏技と称してますがまっとうなやり方なので安心して下さい。

スポンサーリンク

失業保険(雇用保険)とは

失業保険とは、失業中でも生活に困ることなく安心して次の職を探すために支給される給付金で正確には雇用保険と言います。

基本手当を受給されるみなさまへ(令和2年3月19日~)
受給条件
  • 退職する以前の2年間に雇用保険を受給しておらず、前職で12ヵ月以上働いていること
  • ハローワークで求職の申込を行い、就職しようとする積極的な意思や能力があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても、職業に就くことができない「失業の状態」であること

以上の条件を満たしていれば基本的には誰でも貰えるのが失業保険ですが、支給までの間にいつくか手続きと期間が必要となります。

その中の一つが求職活動実績です。

失業保険(雇用保険)の求職活動実績とは

求職活動実績とは、失業保険を受給する資格である失業認定を貰うために必要な求職活動の証明のようなものです。

失業保険は、就職しようとする積極的な意思がある方を支援する仕組みなので、求職活動をしているという証明が必要となります。

失業保険(雇用保険)に必要な求職活動回数

失業保険(雇用保険)に必要な求職活動回数は、退職の方法が「会社都合退職」か「自己都合退職」かによって変わってきます。

初回認定日2回目以降
会社都合退職1回以上2回以上
自己都合退職3回以上2回以上

初回認定日の求職活動実績については、失業保険を申し込んでから初回認定日までに行われる「雇用保険説明会」に行けば1回とカウントされるので、「会社都合退職」は実質0回、「自己都合退職」は実質2回以上の求職活動回数が必要となります。

「雇用保険説明会」は所轄のハローワークによって多少の違いがありますが、一般的には申込日から1~3週間後に設定されます。

新型コロナウィルスの影響により、「雇用保険説明会」の開催中止及びWeb視聴に切り替わっている場合があります。詳細は所轄のハローワークに問い合わせして下さい。

【裏技】失業保険(雇用保険)の求職活動実績の簡単な作り方

失業保険を貰うための活動実績の簡単なつくり方を紹介します。この方法を使えば、最短当日で簡単に活動実績を作ることができます。

結論を先に書くとインターネット求人サイト経由で求人に応募すれば求職活動実績としてカウントされます。

求人活動実績が足りない、時間がないという方はぜひ参考にしてみて下さい。

ちなみに裏技と言っていますが、ハローワークの条件に沿うまっとうな方法なので問題はありません。

具体的な手順を説明します。

①求人サイトに無料登録する
②希望する企業を検索して選択する
③求人に応募する
④失業認定申告書に記入する

①求人サイトに無料登録する

リクナビNEXT

まずは求人サイトに無料登録します。求人サイトは大手であれば、ぶっちゃけどこでもいいのですが、当サイトのおすすめは大手求人サイト「リクナビNEXT」です。

②希望する企業を検索して選択する

リクナビNEXT」で希望する企業を検索します。

リクナビNEXT-検索

希望の企業が見つかったら「求人詳細を見る」をクリックします。

リクナビNEXT-検索2

③求人に応募する

求人詳細画面から求人に応募します。実績が2社必要であれば2社分の応募が必要となります。

リクナビNEXT-求人応募

④失業認定申告書に記入する

失業認定申告書に必要事項を記入します。

応募方法に「転職サイトから応募」、応募の結果に「選考結果待ち」などと記入すれば問題ありません。

その他の求職活動実績の作り方

  • ハローワークの「雇用保険説明会」参加
  • ハローワークの職業相談を受ける
  • ハローワークの講習や支援セミナーを受ける
  • 求人に応募する
  • 転職エージェントなどのセミナーに参加
  • 転職フェアに参加して求人に応募する
  • 国家試験などの資格受験

ハローワークの「雇用保険説明会」参加

ハローワークの「雇用保険説明会」については、参加しないと給付を受けることができないので必ず参加する必要があります。

「雇用保険説明会」は、所轄のハローワークによって多少の違いがありますが、一般的には申込日から1~3週間後に設定されます。

所要時間はおよそ2時間程度で、ビデオなどを使って被保険者の資格取得から離職証明書の記入方法まで事務手続き全般について説明してもらえます。

持参するもの
  • 「雇用保険受給資格者のしおり」
  • 印鑑
  • 筆記用具

ハローワークの職業相談を受ける

ハローワークが行っている職業相談も求職活動回数にカウントされます。

所轄のハローワークの受付で手続きを行います。初めて利用する場合は受付で登録を行い、ハローワークカードを作成します。

ハローワークカードは全国のハローワークで利用することができ、一度作成してしまえば、以後はカードを提示するだけで受付が完了します。

銀行や郵便局の窓口のように受付で番号札を受け取り、自分の順番がきたら相談窓口で担当職員と職業相談を行います。

ハローワークの講習や支援セミナーを受ける

ハローワークが行っている講習や就職支援セミナーに参加することも求職活動実績となります。

「ビジネスマナー」「面接対策」「履歴書・職務経歴書の書き方」など多様な講習やセミナーが用意されています。

内容や日程は、所轄のハローワークによって違いますのでハローワークで確認しましょう。

求人に応募する

求職活動実績を作る王道のやり方は当たり前ですが、求人に応募することです。

  • ハローワーク経由で求人応募
  • 求人サイトから求人応募
  • 転職エージェントから求人応募

オススメは求人サイトや転職エージェントから求人の応募することです。

ハローワークの求人は、事業社がハローワークで手続きすれば無料で掲載できるため、とりあえず登録して求人を出しておいたという企業も多く玉石混交です。

中には積極的に求人活動を行っていない会社も見受けられます。

その点、求人サイトや転職エージェントは費用を払って求人を募集しているため、正直本気度が違います。

求人サイトと転職エージェントはそれぞれにメリット・デメリットがありますが、就職するなら両方登録しておくことを強くオススメします。

転職エージェントなどのセミナーに参加

大手転職サイトや転職エージェントであれば、定期的に転職セミナーを行っています。

知らない方も多いかもしれませんが、このような転職セミナーに参加するだけでも求職活動実績にカウントされます。

注意が必要なのは、求職活動実績にカウントされるのは「IT業界転職相談会」「面接対策セミナー」など転職に関連するセミナーだけです。

たとえばプログラムやWEBデザイン、SEOなどの勉強会セミナーは転職とは直接関連性がないので求職活動実績にはカウントされません。

大手転職サイトや転職エージェントのセミナーに参加したら「参加証明書」など実際に参加したとい証明書を必ずもらい、ハローワークの認定日に提出するようにしましょう。

転職フェアに参加して求人に応募する

転職フェアは、大手企業などが合同で行う企業説明会です。IT業界、建設業界など業種別に行われることが多く、大手転職エージェントや業界団体などが主催しています。

転職フェアも求職活動実績の一つとなります。

ただ、転職フェアに参加するだけでは求職活動実績にカウントされません。必ず企業ブースを訪問して求人に応募する必要があります。

当然ですが、ハローワークの認定日後に参加しても意味がないので、間に合うようにスケジュールを調整して転職フェア参加しましょう。

国家試験などの資格受験

再就職に資する各種国家試験、検定等の資格試験を受験」も活動実績としてカウントされます。受験することが実績となるので試験の合否は関係ありません。

対象の資格については、再就職に役立つとハローワークが判断したものになるようで厳格な決まりはないようです。

不安であれば事前に所轄のハローワークに確認しておく方がいいでしょう。

認定日前に受験をしておくことと、受験票などの試験日や氏名が記載された証明書の提出が必要となります。

認定日までに求職活動実績が作れなかった場合は?

ここまでご紹介した方法を使えば、問題なく求職活動実績は満たせると思いますが、万が一認定日までに実績が作れなかった場合はどうなるのでしょう?

その月の給付金は貰えませんが、1年以内であれば後から申請可能なのでトータルで損することはありません。

ただ、申請作業が再度発生するので時間を無駄にしたくない方やなるべく早く給付金を貰いたい方は必ず認定日までに活動実績を作るようにしましょう。

現在、新型コロナウイルス感染症等の影響に対応した給付日数の延長に関する特例として給付日数が60日間延長されています。

失業保険(雇用保険)の不正受給は絶対NG!ばれたら3倍返しだ!

コロナウィルスに感染拡大により経営状況が悪化した企業の救済として支給されている持続化給付金を騙した取ったとして大学生が逮捕された事例がありましたが、どうせバレないだろうと安易な気持ちで嘘の申告をするなどして不正時給をするのは絶対NGです。

失業保険(雇用保険)も申請は正直に書きましょう。

失業保険(雇用保険)も不正がバレれば罰則があります。

  • 基本手当等の支給ストップ
  • 不正に受給した基本手当等の返還
  • 支給を受けた額の2倍に相当する額以下の金額の納付(「3倍返し」)

転職するなら転職エージェントが絶対おすすめ

転職の成功を目指すなら転職エージェントを利用するのがオススメです。

転職エージェントは登録も利用も全て無料です。

  • あなたにあいそうな会社のリサーチ
  • 転職先の会社の情報や内情を教えてくれる
  • キャリアカウンセリング
  • 履歴書・職務経歴書の書き方指南
  • 面接のシュミレーション
  • 面接日程の調整

転職に必要な上記の事も完全無料で行って貰えます。

ハローワークの求人と違い、転職させることにより報酬を得ているので本気度が違います。

転職エージェントに登録したからといって紹介された求人に必ず転職する必要はなく、無理強いもされません。

転職に関しては、転職エージェントはデメリットがほとんどないので転職するなら必須のサービスと言えます。

転職エージェントを利用するコツは、とにかく複数のサービスに登録しておくことです。なぜなら転職エージェントによって強みが違いますし、各会社で独自の案件があるからです。

「doda(デューダ)」「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」の大手サイトの登録は必須で、あとは業界に特化した転職エージェントに登録するのがいいでしょう。

doda(デューダ)

doda
  • 転職業界最大手の転職支援サービス
  • 全国の大手・優良企業が10万件以上
  • アドバイザーは各業界のスペシャリスト
  • エントリーから内定までトータルサポート
  • 転職サイトも同時利用可能

doda(デューダ)は業界第2位ですが、満足度が高いと評判の転職エージェントです。

同時に転職サイトも利用できるので登録は必須のサービスです。

30年の実績があり、全国の大手企業や優良企業との太いパイプを持っているのが特徴です。

転職満足度No.1!
初めての転職ならdoda(デューダ)

マイナビエージェント

マイナビエージェント
  • 転職業界大手マイナビが運営する転職エージェント
  • 独占求人80%の大手転職エージェント
  • 20代~30代の若手人材に特化
  • 第二新卒や20代向け求人が豊富
  • キャリアアドバイザーの質が高い

マイナビエージェントは転職業界最大手でお馴染みのマイナビが運営する転職エージェント。

20代~30代の若手人材に特化しているので若い方にオススメです。第二新卒向けの求人も豊富にあります。

キャリアアドバイザーの質も高くこちらも登録必須と言えるでしょう。

独占求人80%で優良企業が豊富
20~30代に転職サポートに強い!

リクルートエージェント

リクルートエージェント
  • 日本最大の総合転職エージェント
  • 求人数は業界No.1の26万件以上
  • あらゆるジャンルの求人が充実
  • 最大手ならではの経験とノウハウでサポート
  • 対企業交渉に強い

リクルートエージェントは、リクルートが運営する業界最大手の転職エージェント。

求人数は業界No.1の26万件以上の求人情報を抱えているので転職するにあたっては是非とも登録しておくべき転職エージェントです。

非公開求人も10万件以上取り揃えているので、思わぬ好条件やニーズにあった職場も探せる可能性もあります。

業界最大級の非公開求人数
充実した転職サポート

レバテックキャリア

レバテックキャリア
  • IT業界に特化した転職エージェント
  • IT業界の求人数はトップクラス
  • 大手が扱ってないIT求人も多数
  • キャリアアドバイザーはSE経験者など知識が豊富
  • 現場のリアルな情報が聞ける

レバテックキャリアは、IT業界に特化した転職エージェントです。

IT業界の求人はトップクラスで大手エージェントが扱ってないIT求人も多数あつかっています。

IT業界の動向や内情などにも精通しているのでIT業界を目指すのであれば必須のエージェントです。

IT/Web系専門のエージェント
話が通じるキャリアアドバイザー

まとめ

失業保険(雇用保険)の求職活動実績の簡単な作り方や足りない場合の裏技をご紹介しました。

ネットの求人サイトから求人に応募するというのが一番早くて簡単な方法というオチでした。オススメは求人サイト最大手の「リクナビNEXT」です。

ぜひ参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました