営業職が副業で稼ぐならおすすめサービス4選!【2019年版】評判・口コミ・メリット・デメリットを徹底解説

副業
スポンサーリンク

いつもお世話になっております。
うまづら社長です。

「働き方改革」「副業解禁」と巷では大きく騒がれていますが、いざ副業をするとなると実際には何をしたらいいのか迷うもの。

基本的には自分の得意分野や本業のスキルや経験をそのまま活かした副業がベストです。

■デザインやイラストが得意なら
最近CMで話題のココナラSKIMA(スキマ)

■英語や中国語など語学が得意なら
サイタ(cyta)ストアカ

■プログラムが得意なら
Findy Freelanceシューマツワーカー

など、各々のスキル、経験、得意をいかせる副業サービスが続々と登場し、今後も増えていくことが予想されます。

しかし、仕事で営業職をしている方はどうでしょう?

営業スキルをいかした副業ってあまり聞いたことないよね

そんなことはありません。営業職が稼げる副業サービスも存在します。

今回は営業職が副業で稼げるおすすめの副業系サービスを紹介致します。

スポンサーリンク

Saleshub(セールスハブ)

Saleshub(セールスハブ)

営業職の副業で最もおすすめなのが、このSaleshub(セールスハブ)です。

サービスや商品を売りたい企業と見込み客になりそうな会社や知人を紹介してアポイントを設定するだけで報酬が貰えるリファラル営業に特化したプラットフォームです。

成約ではなく、アポイントを設定するだけというのがポイントです。

Saleshub(セールスハブ)のメリット

  • 手軽にリスクなくはじめることができる
  • アポを設定するだけで報酬が貰える
  • 成約でも報酬が貰えることがある

Saleshub(セールスハブ)のデメリット

  • 社員数1000名以上の企業限定など案件によってはハードルが高い
  • IT系やスタートアップ企業など業種がやや偏っている

kakutoku(カクトク)

kakutoku(カクトク)は、営業職の副業としては珍しく固定報酬が支払われるタイプのサービスです。

営業職の人材が不足している、または営業職がいないスタートアップ企業などが自社の商品やサービスを営業してもらえる人材を募集しています。

企業は、自社にいないプロ営業を探しているため、報酬が高く、既に1000万円プレイヤーも登場しているとのことです。

営業力に自信のある方向けの副業と言えます。

kakutoku(カクトク)のメリット

  • 報酬が高額(平均報酬額35万/月)
  • 固定報酬なので報酬が安定している
  • 成約でも報酬が貰えることがある

kakutoku(カクトク)のデメリット

  • 案件がそれほど多くない
  • 採用されるまでのハードルが高い
  • ある程度の営業実績が必要

side bizz(サイドビズ)

side bizz(サイドビズ)

side bizz(サイドビズ)は、 営業系の副業案件を発信しているリファラル営業プラットフォームです。

リスト(見込み顧客の紹介)、アポイント(見込み顧客との商談設定)、オーダー(見込み顧客の受注)の3種類の報酬制度があり、先に紹介したSaleshub(セールスハブ)とkakutoku(カクトク)の中間的なサービスと言えます。

中には通常のフリーランスの方では扱えないような大企業の商材や珍し商材もあり、自分に適した商材を探してアクションしていくのがポイントとなります。

kakutoku(カクトク)のメリット

  • 手軽にリスクなくはじめることができる
  • 営業商材が豊富
  • アポを設定するだけで報酬が貰える

kakutoku(カクトク)のデメリット

  • リスト・アポイントの案件が少ない
  • 成約までのハードルが高い
  • ある程度の営業力・実績が必要

SharesMarket(シェアーズマーケット)

SharesMarket(シェアーズマーケット)

SharesMarket(シェアーズマーケット)は新規顧客を開拓したい企業と副収入を得たい個人をマッチングする営業商材プラットフォーム。

法人向けから個人向けまで様々な商品やサービスを扱っているのが特徴です。

シェアーズマーケット説明動画

SharesMarket(シェアーズマーケット)のメリット

  • 手軽にリスクなくはじめることができる
  • 営業商材が豊富
  • アポを設定するだけで報酬が貰える

SharesMarket(シェアーズマーケット)のデメリット

  • アポのみの案件が少ない
  • 成約までのハードルが高い
  • ある程度の営業力・実績が必要

Kasooku(カソーク)

Kasooku(カソーク)

Kasooku(カソーク)は、営業職(セールス領域)の副業に特化したマッチングサービスです。

営業職(セールス領域)の副業人材を募集したい企業が案件を登録、ユーザーが気になる案件にエントリーする仕組みとなっています。

最大の特徴は「自社のSNSであなたのことをPRします!」「自社サービスを無料にします」といった金銭以外の報酬があること。

2019年5月に公開されたまだ新しいサービスなので競争相手がいない今が登録のチャンスと言えるのではないでしょうか。

Kasooku(カソーク)のメリット

  • 手軽にリスクなくはじめることができる
  • 固定報酬の案件がある
  • 成約でも報酬が貰えることがある

Kasooku(カソーク)のデメリット

  • 案件がまだ少ない
  • 成約までのハードルが高い
  • ある程度の営業力・実績が必要
“お金以外”の報酬も選べるセールス向け副業マッチング「Kasooku」が公開 | TechCrunch Japan
ドゥーファは5月21日、セールス向けの副業募集プラットフォーム「Kasooku(カソーク)」を公開した。
副業人材の活用って効果あるの? セールス特化の副業マッチングサービス「Kasooku」に聞いた|新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。
企業と、働く人の悩みが一気に解決できる!?

コメント